一小節の独り言 ~Naoto Nozaki's official blog~

シンガーソングライター・のざきなおと伯爵の
自由気ままな日常ブログ

ブラタモリを観て

2017年06月10日 | Weblog

 今日放送されたNHK「ブラタモリ」。 名古屋城界隈をブラブラしてましたね。

 さてこのタモリさんが名古屋にやって来るという事について、ネット上では結構騒然となっておりました。

と言うのも、もう30年ほど前でしょうか。 タモリさんは(まあネタのつもりだったんでしょうが)徹底的に名古屋を悪く言いまくっていた時期がありまして。
それも結構な「悪口」でして。 なにがそんなに気に入らなかったのか、当時名古屋の女にひどいフラれ方をしたのか、その辺はさだかではありませんが、まああっちの番組でもこっちの番組でも悪口三昧。

 それも「まあそう言われればそういう部分もあるかな~」というのならまだしも、事実でない嘘ばっかり。 いやそれはもうひどいもんでした。

 「名古屋人はずっとミャーミャー言ってる」(河村市長以外そんな言葉は使いません)とか。
 「名古屋人は車を持ってるのが自慢だから、バーに入ってくる時わざわざ車のキーをチャッ チャッと音を立てながら入ってくる」とか。
 
 挙句の果てに「名古屋はエビフライが大好きで、エビフリャーと言ってそればっか食べてる」

 あのお。

 当時も今も、エビフライは別に名古屋の名物でも何でもありません。
 しかも、「エビフリャー」なんて、そんな言い方聞いた事もありません。

 このエビフリャー問題が結構深刻で、他の地方の人に真に受けられて大迷惑でした。

 ま、名古屋もチャッカリしたもので、この騒動に乗っかってなんとな~くエビフライを名物っぽく売っちゃってた感はあるんですが・・・・・  今でも「ジャンボエビフライ」なんて自慢げにメニューに掲げてるお店、ありますからねえ。

 ただ、繰り返しますがエビフライは断じて名古屋の名物ではありませんし、名古屋のエビフライが特別美味しいわけでもありません。


 あ、まあエビフライの話はいいとして。

 タモリさんがネタにしまくっていた頃、名古屋の人は大激怒でしたねえ。
比較的温厚なうちのおふくろ様でさえ、「あいつと街でもしすれ違ったら、いきなり横っ面をパ~ン!!ってビンタはってやる!!」と大変なご立腹でした。
まあ、正直、名古屋の印象をずいぶん悪くされましたからね。 

 そのタモリさんが名古屋にやって来る、というので、今回騒然となってたわけなんです。

 その後タモリさんもお昼の「笑っていいとも!」をやるようになり、結構キャラ変更をして愛されるタレントにシフトしましたのでね。 今ではそんなに名古屋人が敵意を燃やしているという雰囲気でもないんだけど。


 で、「ブラタモリ」の内容ですけども。 結構面白かったです。 

 名古屋城まで行きながら天守閣にも二の丸御殿にも入らず、石垣だけ見てすぐ別の場所に移動したのにはびっくりしましたけどね。
まあでも、独特のマニアックな視点で色々見ていくのはなかなかに興味深かったです。

 来週も名古屋編の後編らしいので、ちょっと楽しみ。


 いや~~ タモリさん。

 いきなり街で横っ面をひっぱたかれずに撮影できたようで、ホントによかったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Suica | トップ | 久々に諜報活動 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嘉門達夫さんが (大学坊)
2017-06-11 08:58:22
その昔、米米CLUBの「FUNK FUJIYAMA」の替え歌で♪エビフリャー、きしめん、味噌煮込み~、ういろう、手羽先、ミャーミャーミャーって歌っていましたが、これってタモリさんのネタに影響を受けていたのか、それとも嘉門さん自身も名古屋に対してそういうイメージを持っていたのか。

ま、そこまで突き詰めて議論するほどの事では無いんですが。
それはもう・・ (伯爵)
2017-06-11 12:31:16
>大学坊さん

 間違いなくタモリさんの影響ですよ。
 つか、現在の名古屋の印象って、少なからずタモリさんのdis発言によって出来上がってますからww

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事