社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



京都新聞に総決起集会の記事が掲載されました。

京都3区での出馬意志強調 社民府連が決起集会
(京都新聞電子版 2008年9月28日)

社民党の党則には、こう書かれています。

第31条〈議員候補者の擁立と公認手続き〉

2 衆議院小選挙区候補者の公認は、支部連合の推薦に基づき、
 都道府県連合が協議、確認のうえ全国連合常任幹事会に申請し、
 全国連合常任幹事会が決定する。

今回の場合は、第3支部連合が候補者を推薦し、府連合が協議、確認。
全国連合に申請し、常任幹事会の決定を待つ段階です。

私としては、大局的見地に立った決定が下されることを望んでいます。
いかなる決断にせよ、全国連合は断固たる姿勢を示すべきです。

正直、自分自身の非力・無力さを感じる局面が多いのですが、
できる限りのことを続けていくつもりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月28日(日)、ラボール京都にて、
「衆議院選挙勝利!全党員総決起集会」が行われました。

この会場は総支部代表者会議のために借りていたのですが、
予定を変更して総決起集会に切り替えました。

小選挙区候補(京都3区)として上申した藤田高景さん、
近畿ブロック比例候補の服部良一さんの話を聞く機会でもあります。

例の如く、私が司会進行を務めます。

林代表のあいさつの後、
藤田高景さんと服部良一さんが決意表明を行い、
最後に「団結ガンバロー」で衆院選勝利を誓いました。



総決起集会の後、林代表らと一杯。
これからのことについて、話をしました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




ここ4週間のアクセス状況を報告します。

 8月31日~ 9月 6日 閲覧数  3804 訪問者数 1505
 9月 7日~ 9月13日 閲覧数  2990 訪問者数 1510
 9月14日~ 9月20日 閲覧数  3572 訪問者数 1326
 9月21日~ 9月27日 閲覧数  3319 訪問者数 1438

 8月30日~ 9月27日 閲覧数 13685 訪問者数 5779

ちなみに、ここ90週間のアクセス状況は、以下の通りです。

2007年 1月 7日~ 2008年 9月27日
 
閲覧数 235747 訪問者数 93198

これからも、よろしくお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




安倍芳裕 『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』(5次元文庫)。

地域通貨の運動家であり、サイト「反ロスチャイルド同盟」を主宰する
安倍芳裕さんの著書です。

「反ロスチャイルド同盟」のサイトに書かれた内容が、まとめられています。

第1章 お金の歴史—銀行という詐欺システムが誕生したカラクリ
第2章 お金の問題点—利子という椅子取りゲームが貧富の差を生んだ!
第3章 金融の歴史—国家の命運は銀行家が握っている
第4章 ロスチャイルドの世界革命行動計画
第5章 ロスチャイルド関連の世界史1—近代史の謎が解けた!!
第6章 ロスチャイルド関連の世界史2—戦後世界の枠組みも彼らが作った!
第7章 世界の現状—このままではロスチャイルドの狙う地球独裁体制になってしまう!?
第8章 未来への提案—偽りの経済システムをこえて自立型経済の実現へ

ここでいう「ロスチャイルド」は、国際金融資本を象徴的に示すものと考えれば、
いわゆる「ユダヤ陰謀論」と混同せずにすみます。

ここから地域通貨の勉強を進めるもよし、
レーニンの『帝国主義論』を読むもよしです。

金融のしくみが図解を多用してわかりやすく説明されています。
勉強会のテキストとしても最適ですので、
一度目を通してみてはいかがでしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Berikyuu 117


「富は平等に分配しなければならない」
         カール・マルクス(経済学者・哲学者)


『ベリキュー!』の冒頭で真野恵里菜さんが読んだ言葉です。

続けて真野さんは言います。
「私のファンの皆さんへの想いも平等です。ベリキュー!」

ファンへの想いは平等かもしれませんが、
富の分配は平等というわけにはいきません。

社民党は9兆円規模の緊急経済対策を発表しています。

総合的な経済対策について(コラム)
(社民党 Official Web)

「財源はどうする」という批判が必ずあるのですが、
社会党の参議院議員だった木村喜八郎さんは、
「財源というものは、ないと言えばない、あると言えばあるものであって、
 政府の意思によって、あるいは国会の意思によって、
 財源が生じてきたりなかったりするものである」と述べています。

ちなみに、木村さんは社会党きってのエコノミストで、
赤字国債の発行について福田赳夫蔵相と論争しています。

また、池田勇人蔵相から「貧乏人は麦を食え」の答弁を引き出しています。
(これは新聞報道での表現であり、実際の答弁とは違いますが)

アイドルの番組でマルクスの言葉が引用されるご時世、
社民党員こそ、ちゃんとした経済の話をしなければなりませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月24日付の京都新聞、毎日新聞(地方版)に
京都における小選挙区候補擁立に関する記事が掲載されました。

私事ながら、祖父が勤めていた京都新聞の記事を引用します。
ホントは電子版に記事がアップされてないからなんですけど。

<引用はじめ>

「衆院京都3区 社民、藤田氏擁立へ」

 社民党京都府連は二十三日、次期衆院選の京都三区に、
新人で党本部職員の藤田高景氏(59)を擁立する方針を決め、
党本部に公認申請した。
 藤田氏は京都市北区出身で、慶応大卒。日立製作所に勤めた後、
一九七二年に旧社会党本部に入り教育部長、国民運動部長などを務め、
現在は社民党平和市民委員会事務局長。横浜市在住。
 藤田氏は「戦争反対を貫き、国民が主人公の政治をつくるため、
自公政権を打倒したい」と話しているという。
 京都3区は、自民党の清水鴻一郎氏(62)=比例近畿、
民主党現職の泉健太氏(34)、共産党新人の石村和子氏(58)の三氏が
立候補を予定している。

(京都新聞 2008年9月24日 朝刊)

<引用おわり>
 
また、毎日新聞にも同様の記事が掲載されています。

選挙:衆院選・3区 社民、藤田氏を擁立 /京都
(毎日新聞 2008年9月24日 地方版)

以前の記事で取り上げましたが、
今年の5月10日、京都府連が主催した「平和憲法学習会」で、
藤田さんには講師を担当していただきました。

まだ全国連合の常任幹事会の決定がないので、
京都における小選挙区の予定候補については、
具体的なことをお話しすることができません。

全国連合での機関決定が行われれば、
このブログでも発表させていただきます。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 1 )




モーニング娘。37枚目のシングル『ペッパー警部』。

ピンク・レディーの名曲をカバーしたものです。

【PV】ペッパー警部/モーニング娘。


しげさんが最後に「ペッパー警部よ」のセリフを言っています。
こうでなくてはいけません。

『ペッパー警部』の振付を覚えたい方は、こちらをどうぞ。

ピンクレディー Pink Lady \"ペッパー警部\"


声は低くなっていますが、イメージは変わりません。

ピンク・レディー 「ペッパー警部」


1970年代後半、私が小学生のころに、
ピンク・レディーは活躍しました。

子供からお年寄りまで、幅広く知られるアイドルとしては、
ピンク・レディーが最後でしょう。

さすがに、振付の完全コピーはできませんが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




民主党代表に小沢一郎、自民党総裁に麻生太郎が選出され、
政局は「麻生自民党VS小沢民主党」の二大政党の対立が中心になります。

社民党は埋没していますな…(もともと注目されていませんが)

そこで、森田実 『自民党の終焉』(角川SSC新書)を読みました。



自民党支持者は腸が煮え、民主党支持者は胸が熱くなる一冊。
社民党員の私は「ああ、そうですか」という印象。

無党派層の有権者が読めば、民主党に投票したくなるでしょう。
森田さん、熱く語っています。

他党のことながら、民主党には期待しています。
政権交代の成否は民主党の議席増にかかっていますので。

今でこそ小沢民主党は「生活が一番」をスローガンにしていますが、
15年前の名著『日本改造計画』(講談社)では、



英国流の議院内閣制・新自由主義的改革という、
「小泉構造改革」を先取りする内容が書かれています。

人間関係などを無視して政策面だけを見れば、
「小泉総理・小沢幹事長」の組み合わせがベストということになります。
「郵政民営化」では水と油なので、無理でしょうが。

二大政党を横目で見ながら、
このブログでは社民党についてアピールしていきます。
(その割には他党の話が多いのですけど)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




民主党の党大会が行われ、小沢代表が無投票で三選しました。
任期は2010年までの2年間。

次の総選挙で自公が過半数を割れば、
民主党を中心とする連立政権が樹立するはずです。

国民投票法の施行が2010年なので、
少なくとも小沢代表の任期中は、
憲法改正が政治課題になることはありません。

連立政権の課題は内政問題ですから、
社民党が労働問題や社会保障などの「得意分野」で
独自の主張を実現できるか課題となるでしょう。

本当は、社民党から防衛大臣を出すべきなのですが。

今、民主党は新しいCMを配信しています。
公式サイトのこちらで見ることができます。

小沢さんを中心に、マイルドなイメージで訴えています。

昔の小沢さんは「壊し屋」のキャラでした。

2001年 自由党CM 日本一新 小沢一郎


個人的にはロボットと戦う小沢さんの方が好きです。

昔、『ひらけ!ポンキッキ』で放映されていた、
『かえらなかった時計屋さん』という歌を思い出させます。

かえらなかった時計屋さん(音声のみ)


今聞いても心にしみる名曲ですが、
小沢さんの心境と、どこか重なる部分があるのではないでしょうか。

おそらく、私の感傷にすぎないのでしょうけれども。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




朝から近畿大学で公務員講座の講義。

近鉄長瀬駅から、徒歩十数分で西門へ。
本当は距離があるのに、遠く感じないのは不思議です。

西門近くにある洋食屋「キッチンカロリー」。
またまた「ガチャ鉄板焼き」(600円)を注文。

キャベツ中心の野菜炒めとスパゲッティ。
ライスが付いて、ボリュームは満点。

隣のテーブルを見ると、学生さんがカレーライスを食べていました。
他人の食べているものは、何でもおいしそうに見えてしまいます。

カレーライスは、なんと380円。安い!

社民党員としてはオムライスを注文すべきでしょうが、
オムライスは500円。これまた安い!

近大の近くにはインド料理店もあるので、
カレーを食べに行くのもいいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




太田農相が辞任しました。
次々と農相が辞任しており、鬼門のポストになっています。

しかし、農相として戦後の農地改革を断行したのは、
わが社会党の先輩、和田博雄さんでした。

和田博雄さんの業績については、
RIETI上席研究員の山下一仁さんのコラムが参考になります。

消費者重視の農政を進めた巨人・和田博雄を忘れるな

農地改革の真相-忘れられた戦後経済復興の最大の功労者、和田博雄

(独立行政法人 経済産業研究所のサイトより)

農地改革は、戦前からの農林省の悲願でした。
GHQは、むしろ農地改革に無関心だったのです。

和田は吉田内閣の農相として、第二次農地改革を実施しました。

続く片山内閣では経済安定本部長官に就任。
「傾斜生産方式」による復興を推進しました。

必要な改革を実現し、経済運営にも手腕を発揮する。

いまこそ、和田博雄の業績を再評価すべきです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここ数日、他党の話ばかりですみません。

民主党が、国民新党との合併を進めるようです。

民主、国民新が合併協議へ 19日に党首会談、詰め急ぐ
(2008/09/18 21:03 共同通信)

民主が国民新との合併協議を決定、綿貫氏「対等」求める
(2008年9月18日22時41分 読売新聞)

国民新党のようなユニークな保守政党が消えるのは、
もったいない気がしますが…

たとえば2007年参院選のCM。

国民新党 2007年参院選 CM


シュールです。とてもシュールです。
わが社民党にはマネできないシュールさです。

国民新党との合併によって、
民主党は保守層への浸透を強化することでしょう。

新党日本や新党大地は、民主党と合併せず、
それぞれの党首の個人政党として残るでしょうね。

流れは、民主党に向かっているようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




公明ニュース スペシャル「発表!! ワカモノを応援する重点政策!」


公明党が青年向けに政策を訴える動画です。

ポップなポスター、短いスローガン。

雇用、子育て支援など、具体的な政策が掲げられています。

他党のことを言うのも何ですが、よくできた動画です。
わかりやすさという点では優れています。

「どんな社会をめざすのか」という大目標はありませんが、
個別の問題への対策を噛み砕いて展開しています。

これは皮肉ではありませんが、「体制の補完勢力」として
ミクロレベルでの解決を図る、というスタンスでしょう。

自民党が新自由主義で競争社会・格差社会を生み出し、
公明党が弱者対策でフォローする。
互いの長所を生かした協力関係です。

参考までに、公明党青年局のページを紹介します。
http://www.komei.or.jp/youth_site/index.html

では、社民党は何を訴えるべきでしょうか?

あくまで私見ですが、
「護憲の剣で社会の問題を斬る!」ということです。

「憲法9条で、自衛隊員の生命を守る」
「憲法25条で、生きる自由を守る」

憲法を引き合いに出すのも、あまり芸のない話ではあるのですが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現在、自民党総裁選が行われています。
どうやら本命の麻生さんが総裁になりそうですが、
まずは総裁候補5人の意見を聞いてみましょう。

最初は本命の麻生さんから。

【総裁選】麻生太郎候補メッセージ


*「口は災いのもと」にならぬようご用心。
 「マスオさん減税」のアイデアは面白かったのですが。

次に、与謝野さん。

【総裁選】与謝野馨候補メッセージ


*もし「与謝野VS小沢」の対決になれば、
 「渕正信VS藤原喜明」のような玄人好みの展開になるでしょう。
 それはそれで見てみたいですね。

続いて、「政策新人類」の石原さん。

【総裁選】石原伸晃候補メッセージ


*さすがに「テレビ慣れ」しています。
 あまりリーダーとしての存在感はありませんが。

そして、石破さんです。

【総裁選】石破茂候補メッセージ


*静かな語り口はテレビ向きではありません。
 むしろラジオを中心にアピールした方がいいでしょう。
 ラジオのリスナーは結構多いですから。

最後に、小池百合子さん。

【総裁選】小池百合子候補メッセージ


*さすがキャスター出身。プレゼン能力は抜群です。
 総理というよりは官房長官が適任かと。

私は自民党員ではないので、総裁選は関係ありません。
しかし「敵を知る」ためにも、話は聞くべきでしょう。

「己を知る」ことができているかは別ですが…

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




毎月15日(7月は除く)、
京都市役所前から四条大橋までデモ行進をする、
「8・15を問い続けるピースウォーク」に参加。

ピースウォークも今回で99回目。

毎回参加しているわけではありませんが、
反戦平和運動を体感する良い機会です。

反戦デモの意義と限界について、歩きながら考えています。



参加者は23名。
休日なので、先月(8月15日)に続いて多めです。

ひさしぶりに尼崎総支部の古賀さんに会いました。
オリジナルの「のぼり」を持参しての参加です。



ちなみに、表と裏でデザインが違います。

実は、ラミネート加工した紙を透明なテープでつなげたもの。
これは「アイデア賞」モノですね。



来月、10月15日(水)は記念すべき100回目です。
午後6時30分、京都市役所前に集合です。

御都合のよろしい方は、ぜひご参加ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ