社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



スカイ・クロラ The Sky Crawlers 予告編


映画『スカイ・クロラ』を見る。

フランス映画風の造りなので、
作品世界に慣れるまで、少々我慢が必要です。

フランス映画ほど長くはかかりませんが。

では、ネタバレにならない程度に感想を。

「押井さん、今回は演出家に徹しましたね」

「ホントは若者に伝えたいことなんて、ないんでしょ?」

「俳優さん、いい芝居してましたね」

「キルドレって、綾波レイ?」

「また堂々めぐりの話ですか」

「最後まで席を立たずに見てください」

原作小説があるので、そうではないとわかるのですが、
「すべては仮想現実の世界だった」
「ティーチャーは実在しない人間」
と勘ぐってしまったのは、
押井作品と意識しすぎたからでしょうか。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の呼び掛けに応じ、
12時間の断食を終えたところです。

午前7時から午後7時までの12時間、
6時間を過ぎたころからキツクなりました。

水は口にしているのですが、
「茶腹も一時」とはいうものの、大量には口にできません。

ダライ・ラマ法王もムンバイで断食に参加されたとのこと。

ダライ・ラマ法王、2008年8月30日の断食法要に参加
(2008年8月29日 ダライ・ラマ法王事務所)

法王のご健康が気にかかりますが、
私も日本の地で断食に参加させていただきました。

何度も繰り返しになりますが、
対話によるチベット問題の解決が実現するよう、
願っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Ellen and Senator John McCain Debate Gay Marriage ジョン・マケイン


アメリカの女優・コメディエンヌのエレン・デジェネレス。
共和党の大統領候補マケイン上院議員が、
彼女のトーク番組に出演した時の映像です。

エレンはレズビアンであり、
カリフォルニア州で同性婚を認める判決が出たのを受けて、
パートナーの女性と挙式しました。

また、マケイン上院議員の所属する共和党は、
同性婚について否定的な考えを持つ人が多いということを、
念頭において見てください。

ちなみにマケインは同性婚に積極的に反対していません。
このような態度が「リベラル寄り」と評される所以です。

映像には字幕が付いていますが、
英語がわからなくても、
エレンの聡明さとマケインの誠実さが伝わります。

内政面ではリベラル寄りですが、
外交面ではタカ派というのが気になりますが…

タカ派の方が「いざというとき大胆な妥協ができる」
というのは楽観的な見方でしょうか。

また、共和党の副大統領候補に、
アラスカ州のペイリン知事が指名されることになりました。

副大統領候補に女性知事 米共和党
(MSN産経ニュース 2008.8.30 00:28)

ヒラリー支持者を取り込むには、絶妙な人選です。

マケイン優勢のまま、本選挙に突入しそうな予感がします。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




チベット暦6月の最終日に当たる8月30日、
「平和のための断食法要」として、
世界中で12時間の断食および法要が行われます。

詳しい内容については、
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のサイトをご覧ください。

平和のための12時間の断食法要
(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)

私も自宅で断食法要に参加します。

長時間の断食に参加できない方は、
10分、30分、1時間など、
自由に参加してください。

読者のみなさまも、ご都合の許す限り、
参加していただければ幸いです。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




ロシアが南オセチアとアブハジアの独立を承認しました。

ロシア:南オセチア・アブハジア独立承認 「冷戦恐れぬ」大統領、グルジアと断交宣言
(毎日新聞 2008年8月27日 東京夕刊)

記事にもあるように、
「我々は欧米がコソボ独立を承認したのと同様に行動した」
というロシアのロジックには説得力があります。

今回のグルジア問題をコソボ問題に置き換えれば、
セルビア軍がコソボに進攻し、
NATO軍に撃退されたようなものです。

コソボの独立をロシアは承認せず、
南オセチアとアブハジアの独立を欧米は承認しません。

囲碁でいう「セキ(互いに手を出せない状態)」に
ロシアが持ち込んだといえます。

どのような着地点を見いだすか、目が離せません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






『コードギアス 反逆のルルーシュ』の登場人物、
神聖ブリタニア皇帝の演説です。

皇帝の声は若本規夫。
悪役からギャグキャラまで幅広く演じるベテラン。

演説の内容は次のとおりです。

<引用はじめ>

人は、平等ではない。

生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、
病弱な体を持つ者。
生まれも、育ちも、才能も、人間は皆違っておるのだ。

そう! 人は差別される為にある!
だからこそ、人は争い、競い合い、そこに進歩が生まれる。
不平等は悪ではない! 平等こそが悪なのだ!

権利を平等にしたEUはどうだ? 人気取りの衆愚政治に堕しておる。
富を平等にした中国連邦は、怠け者ばかり。
だが、我がブリタニアはそうではない。
争い、競い、常に進化を続けておる!
ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでいるのだ!

我が息子、クロヴィスの死も、ブリタニアが進化を続けているという証。
戦うのだ! 
競い、奪い、獲得し、支配し、その果てに未来がある!

オール・ハイル・ブリタニア!

<引用おわり>

アニメの悪役なので、端的な主張になっていますが、
若本氏の演技もあって、魅力的な演説になっています。

賛否は別にしても、
皇帝が「どのような社会をめざしているか」は、
明確に伝わっています。

社民党も、「どのような社会をめざすのか」という
明確なメッセージを示す必要がありますね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




衆議院近畿ブロックの予定候補、
辻元清美衆議院議員と市来伴子さんです。

今のところ、近畿ブロックの予定候補は2人です。

市来さんは会社の経営者、
辻元さんも「ピースボート」の経験がありますので、
「経済のわかる人材」としてアピールできます。

中小企業の経営者にアピールできれば、
社民党の可能性も開けるのですが。

そのあたり、党として政策的なバックアップも必要ですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




24日は、社会保険労務士の試験日でした。

会場は同志社大学今出川キャンパス。

今年で何回目でしょうか…

さて、社会保険労務士とは国家資格であり、
企業の健全な発展と労働者の福祉向上を役割とします。

具体的な仕事として、
①人事労務管理のコンサルティング
②年金相談
③労働社会保険手続きの代行
が挙げられます。

労働者の福祉を向上させることで、企業を発展させる。
まさに「社民的」な仕事といってよいでしょう。

社労士として生活の糧を得ながら、
政治活動を続けることができればいいですね。

…そう思いつつ、私の30代は過ぎてゆきました。

党は生活の面倒を見てくれませんから、
自分で何とかするしかありません。

生活を考えるようになった分、私はオトナになったのでしょうか?

それとも、チャレンジ精神を失ってしまったのでしょうか?

合格発表は、11月7日です。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




8月23~24日の2日間、
滋賀県余呉町で社民党近畿ブロックの
合宿交流会が行われています。

まず、辻元清美衆議院議員の講演。
政治情勢についての話を聞きました。

次の総選挙で社民党の議席を伸ばすために、
地域での取り組みが必要とのこと。

「地道な活動でしか票は増えない」との言葉には、
説得力があります。

まあ、「社民党ブーム」なんて無理でしょうね…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




MBSで放送された『銭形海』の録画に失敗しました。
残念…無念…

気を取り直して、
8月29日発売の『銭形海DVD-BOXⅡ』を予約しました。

相棒の五代潤は山下真司。

収録タイトルは、以下の13話です。

第1話:「スニーカー、復活!~エリーゼのためにならない殺人事件」
第2話:「死んでも書きます!~脚本家・石原武龍殺人事件」
第3話:「キミは超能力を信じるか?~テレポーテーション殺人事件」
第4話:「明日のスターを目指せ!~芸能プロダクション社長殺人事件」
第5話:「おしどり夫婦の悲劇!?~立てこもり殺人事件」
第6話:「出た!骨董マニアの亡霊!?~ノロイのヨロイ殺人事件」
第7話:「暗闇の殺人者!~銭形海vs完全犯罪の男」 ←この録画に失敗
第8話:「私を水族館に連れてって!~シーパラ尾行大作戦」
第9話:「恋愛泥棒現る!~謎の怪盗予告事件」
第10話:「BS初のサイレント!~パントマイム爆弾事件」
第11話:「歌だ!祭りだ!芸術だ!~ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森 前編」
第12話:「歌だ!祭りだ!芸術だ!~ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森 後編」
第13話:「さよなら五代さん!恐怖の神経ガス殺人事件」

第6話までの感想ですが、『海』セカンドシーズンでは、
ミステリー色を強めている印象です。

『愛』に近い感じでしょうか。

大政絢のクール・ビューティーな面を引き出しています。

秋の夜長は、『ケータイ刑事』DVDの鑑賞で過ごしましょう。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




8月20日、中国共産党主席、国務院総理を務めた
華国鋒氏が死去しました。87歳。

中国の元指導者、華国鋒氏が死去
(人民網日本語版 2008年08月21日)

華国鋒は文化大革命中に公安部長、第一副総理、総理へと昇進。
毛沢東の死後は共産党主席、中央軍事委員会主席に就任しました。
党・軍・政のトップになったのが55歳。

しかし、小平との権力闘争に敗れ、
総理、党主席、中央軍事委員会主席の座を失い、
60歳で失脚しました。

この時、総理の趙紫陽は62歳。党主席の胡耀邦は66歳。
最高実力者の小平は77歳。

江沢民元主席が現在82歳ですから、
もし華国鋒が失脚していなければ、
数年前まで中国のトップだったかもしれません。

その場合、「改革開放」政策は行われず、
現在の経済成長もなかったでしょうが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チベット東部のデモ参加者に中国軍が発砲したとして、
ダライ・ラマ法王が中国当局を非難しました。

中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も=ダライ・ラマ
(ロイター 2008年 08月 21日 21:03)

フランス語は読めませんが、
『ル・モンド』電子版の記事も紹介します。

Le dalaï-lama dénonce "le projet de répression brutale" au Tibet
(Le Monde.fr 21.08.08)

今の時点で続報は入っていませんが、
どれだけの犠牲者が出ているのか気がかりです。

北京オリンピックの報道ばかりですが、
チベット問題についても注意を喚起しておきます。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




伊賀上野城内にある藤堂高虎公の座像です。

藤堂高虎は浅井長政、豊臣秀長などに仕え、
徳川家康の懐刀として外様ながら
「準譜代」の扱いを受けた大名です。

『高山公遺訓二百ヶ条』(伊賀文化産業協会)から、
いくつか紹介します。


一 人の中傷を聞いてはならない。
 人を監視することは災いのもとである。
 たとえつげ口を言う人がいても、言う人と言われる人の間では、
 普通に挨拶をうけるべきである。
 すべて何事も聞かなかったようにふるまうべきである。

 (「言わぬが花」ということですね)


一 女性や若衆には遠慮が第一である。
 老若がともに嗜むべきことである。
 脇から見ると見苦しいものである。

 (女性党員・青年党員には遠慮しましょう)


一 大酒を飲むべからず。
 どうしても座敷で大酒を飲まなければならないとしても諸事に慎むべし。
 酔ったいきおいで口論するとも
 互いにいいつのらないうちに挨拶して退出すべし。

 (稲森同志。酒の席で説教してゴメンナサイ)


高山公の御遺訓を学び、人生の糧とします。

あっ、所属政党を次々と変えることはしませんので、
誤解なきように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大丸ミュージアム・梅田で開催されている、
「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」を鑑賞。

中国内蒙古自治区博物館に所蔵されている、
モンゴル帝国ゆかりの美術品などが展示されています。

モンゴル帝国以前の北方遊牧民族の宝物も、
数多く展示されています。

『スーホの白い馬』で有名な馬頭琴もありました。

印象に残ったのは、観客の白人男性。

連れの日本女性とドイツ語で話していたので、
おそらくドイツ人でしょう。

そのドイツ人男性が、グッズ売り場の中国人と、
流暢な中国語で会話していました。

ドイツと中国の関係は、調べると面白そうですね。

「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」の詳しい案内は、
大丸ミュージアムのサイトで。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Sherlock Holmes DVD - Trailer


パソコンテレビGyaOで、
シャーロック・ホームズの冒険 第5弾 ボヘミアの醜聞」が
配信されています。

主演はジェレミー・ブレット。

NHKで日本語版が放映されましたが、
こちらは英語版を放送しています。

NHKではカットされたシーンもあるので、
また別の楽しみがあります。

「ボヘミアの醜聞」は、
第1短編集『シャーロック・ホームズの冒険』の最初の作品であり、
原作を読んだ人も多いでしょう。

しばし実写版ホームズの世界を楽しんでください。

9月1日(月)正午まで配信されています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ