社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



森保まどか様の生誕祭に2年ぶり3回目の当選。



京都から新大阪で新幹線さくらに乗り換えてやってきました、
京都府出身、3回目の16歳、のざきちこと野崎靖仁です。




…といきたいところだったのですが、資金難のため、



新大阪で「こだま」に乗り換えて博多まで行ってきまーちゅん。

JTBのプランを利用したので、新大阪―博多で7500円也。



博多といえば「さくら」か「こだま」でしょう。



「ひかりレールスター」の折り返し運転なので、指定席は横2列+2列。




ゆったり座って4時間強の旅。



まいこむ…



途中でエヴァ新幹線に遭遇しました。




車中で、スコット・アンダーソン著/山村宜子訳
『ロレンスがいたアラビア(上・下)』(白水社)を読みましたが、
上巻しか読了できませんでした。

まあ、食事をとったり、別の本を読んだり、寝たりしたので、
4時間丸ごと使って読んだわけではないのですが。



14時40分、博多駅到着。

地下鉄空港線で中洲川端駅へ。



中洲川端駅で電車を降り、



箱崎線貝塚方面行きに乗り換えるため、



案内板に従ってホーム中央にある階段へ向かいます。



階段を上がれば、すぐ箱崎線のホームです。




ホームからホームへの移動なので、時間もかかりません。



千代県庁口駅で降り、



改札を出ると、



目の前の4番出口が、ガスホールのあるパピヨン24に直結しています。



階段を上がると、パピヨン24の地下1階の入口です。



パピヨンといえば…

『ザ・ハングマンV』の山本陽子さんが浮かびます。

ちなみに、「たわわ」という言葉からは、
『新ハングマン』の早乙女愛さんが…



地下からエスカレーターで2階へ。



ガスホールに到着しました。



生誕委員さんたちが、飾り付けの最中でした。



かなり凝ったつくりのフラワースタンドです。



リハーサルの音も漏れ聞こえます。



2階にはガスホールの他に、レストランや会議室があります。

ひさしぶりに「ゆうたんおじさん」と話をさせていただきました。
この日は当選でもキャンセル待ちでもなかったそうですが。



パピヨン24は、
西部ガスグループの西部ガス興業株式会社の所有するオフィスビル。

さくらさんが西部ガスのCMを担当していますね。

そういう御縁もあって、公演ができるのでしょうか?



ガスホールの「催し物案内」を見ると、星印の付いた日があります。

これらの日をHKTが押さえているはずですが、
公演のセッティングに手間暇がかかるでしょうから、
ある程度まとまった日程が取れないと公演は難しいでしょうね。



16時12分、チケット購入待機列開始。

チケット購入の待機列は、階段のところに作られます。

チケット購入時間を待つなら、階段に壁沿いで並んで待つのがいいでしょう。



チケット購入後は、ガスホール前に滞留はできません。

時間を潰すなら、ロビーの中で待つか、
パピヨン24内のお店に入るか、外に出るしかありません。



16時30分、チケット販売。



当選番号は367番。チケットの整理番号は1番でした。

窓口のスタッフさんに「おひさしぶりですね」と言われました。



生誕委員からノベルティの配布。

まずは封筒に入ったパンフレットとポストカード。
そして香り付きの赤いハート。




生誕祭の企画が書かれたうちわ。字が小さい…



そして、オリジナルのペンライトです。



けっこうお金がかかってそうです。



ひさしぶりにお目にかかるヲタさんたちと
ロビーで談笑しながら集合時間を待ちます。

コインロッカーはなく、荷物はクロークに預けます。
料金は200円。

大きな半透明のビニール袋に入れるのは、西鉄ホールと同じです。



プラスティックのカゴに
キーホルダーなど金属類を入れて待機。



17時31分、ロビーでの整列開始。

整列場所となるロビー自体は広いのですが、
なぜか圧迫感があります。

大柄な男性が固まっていたからかもしれませんが…

この日に発売されたばかりの生誕Tシャツを着ている人が数多くいました。

西鉄ホールの下の階にあるメトロ書店で販売されていたそうですが、
天神へ寄る余裕がありませんでした。

17時42分、指定枠の入場列整理(チケットのQRコード、身分証チェック)開始。

17時43分、一般枠の入場列整理開始。

17時55分、生誕委員からの説明。

17時56分、指定枠の入場順抽選。

18時00分、MVP入場(1名)。

18時02分、指定枠入場。

18時08分、ビンゴ抽選開始。一番最後の26順、優勝です。

スタッフによる手持ちの金属探知機でのボディチェックを受けて入場。

上手側の立見エリアに行きました。

18時22分、磯田さんのMC。



出演メンバーは、以下の16名。

<チームKⅣ>
(1期生)
今田美奈、植木南央、熊沢世莉奈、下野由貴、
深川舞子、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか

(2期生)
岩花詩乃、田中優香、冨吉明日香、朝長美桜、渕上舞

<チームTⅡ>

(3期生)
山下エミリー

<研究生>

(4期生)
清水梨央、松本日向

今回の公演は、まどか様の出演500回の公演でもあります。



18時25分、開演前の影アナは、まどか様。

18時30分、公演開始です。

M00 overture(HKT48 ver.)

M01 マンモス
M02 最終ベルが鳴る
M03 ボーイフレンドの作り方
M04 偉い人になりたくない

メインステージから中央に通路が伸び、
「でべそ」のような形でBステージがつくられています。

Bステージは「横長のでべそ」のようなイメージです。

前方ブロックからはステージを見上げるような格好になります。

後方ブロックは緩やかなスロープ。

西鉄ホールよりも緩いのですが、
前の人が視界を遮らない程度には高低差をつけています。

500人収容のホールを使っているせいか、
旧劇場や西鉄ホールよりも余裕がある、というか、
キャパからすれば人が少ない印象になります。

天井が高いのも「広い空間に少ない観客」という印象を強めます。

スピーカーの横が立ち見エリアなので、
重低音が内臓に響きます。

全体曲で、まどか様が上手に来ることが多かったので、
私としては眼福眼福。

まどか様、全体的にほっそりした印象。

レンズを通すとふっくらして見えますが、
肉眼で見ると、ほどよい細身の美人です。

しのちゃんも、ギャル系から美少女系にシフトしました。

メンバーが立ち見エリアにもレスをくれるのですが、
私を認識していたのかは…

自己紹介MC(お題:私が大人になったと思うこと)

自己紹介の前に写真撮影。3枚撮影します。

SKEも、このタイミングで撮影すれば、終演後すぐに販売できるのに…

ひさびさに、しなもんの旧キャッチフレーズを見ました。

エセ関西弁ではない松本日向の関西弁は心地よし。

NMBなら、ほぼ全員が関西弁ですし、SKEでは斉藤真木子だけが関西弁。
大阪弁でも京ことばでもない、「関西弁」としか言いようのない関西弁でした。

18時46分~19時02分まで自己紹介MCでした。

M05 リターンマッチ(渕上、今田、森保、熊沢)

ツインタワーの美奈ちゃんとまどか様。
それに舞ちゃんとりーぬ。

「おしめしは誰なんだろう?」と思っていたら…

M06 初恋泥棒(岩花、朝長、田中)

みおたす、しのちゃん、ゆうたんの三人とも、
細くなった印象です。

すなおに美少女3人ユニット。

M07 ごめんね ジュエル(深川、村重、本村、山下)

あおいたんがダンスを見せてくれます。
重さん、まいこむの一期生も安定のパフォーマンス。
エミリーも見劣りしません。

M08 おしべとめしべと夜の蝶々(森保、熊沢)

もう完全に「まどか様接待ユニット」です。私利私欲です。

まあ、生誕祭なので、このくらいのエゴは許されるかと。

M09 20人姉妹の歌(冨吉、植木、下野)

長女のらぶたんは…(涙)

この3人は、曲よりも、ユニット明けのMCの方が
いいパフォーマンスを見せます。

KKのようなアホキャラでないと、この曲は生きないのですが、
3人とも生真面目に悩むタイプのキャラなもので…

MC(お題:フリートーク)

フリートークながら、植木君の「お薬のプロ」の話など、
ネタの面白さは絶品。

トミヨシとしなもんもいるので、万に一つも間違いはありません。

19時22分~27分までMCでした。

M10 Stand up
M11 Coolgirl
M12 回遊魚のキャパシティ

立ち見エリアからなので、Bステージは真横から、
メインステージは斜め前から見ていました。

視線を移すだけで客席の様子も普通に見えるので、
客席からともDMMとも違う独自の視点で公演を見ることができました。

MC(前半:村重の話~フリートーク
   後半:ガスホールの先輩~フリートーク)

劇場公演では、MC終了のタイミングを知らせるブルーライトが
客席後方で光るのが常ですが、ガスホールでは見当たりませんでした。

前半組も後半組も、なんだかMC終了のタイミングを逃したまま続けていたような…

19時39分~47分が前半、
19時47分~53分が後半MCでした。

M13 会いに行こう

19時57分、メンバー退場。

生誕委員の口上の後、「まどか」コールでアンコールが行われました。

20時02分、アンコール曲開始です。

EN1 シャムネコ
EN2 メロスの道

MC(今日の感想)

EN3 キスは待つしかないのでしょうか?(teamKⅣ ver.)

なんと、まどか様センターの「キス待ち」。

まどか様、セリフはやり切ってください。

20時15分、森保まどか生誕祭の開始です。

司会は、あおいたん。

偽ケーキにロウソクを立て、火をつけます。

空調の風が強く、なかなか火が付きません。

客席でも風の当たるところは寒いくらいなので、ご用心。
(立ち見エリアも同じですが、私は平気)

「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」を歌った後、
まどか様が火を吹き消します。

そして、ここでも写真撮影。3枚撮ります。

写真撮影の後、プレゼントの贈呈です。

小さな酒樽が用意され、まどか様が鏡開きをすることになりました。

樽の中には…酒ではなく、りーぬの生写真が。

それも、この日のために撮影した非売品。
りーぬの直筆メッセージ入りです。

そして、お手紙。みなちゃんが代読します。

なんとなく予想はできていましたが、りーぬからのお手紙でした。

入場の際、観客に配られた小さな袋。

まどか様から「生誕祭まで空けてはいけない」とのことでした。



袋の中には孔明の策ではなく…



まどか様直筆のメッセージが入っていました。
観客全員へのプレゼントです。

当たりのカードが入っている袋もあるそうですが、
残念ながら私の袋には入っていませんでした。

最後に、まどか様の挨拶、あおいたんの締めで生誕祭は終わりました。

20時15分~32分まで生誕祭でした。

EN4 支え

最後の一抹礼のときに客席から「おめでとう」の声が上がるかと思ったのですが、
特に何もありませんでした。

タイミングがずれると悲惨な結果になるので、なくても問題ありません。
むしろ、無い方がいいです。

ステージからはけるときも、まどか様から特に挨拶はなし。
生誕祭でスピーチしているので、それでいいのです。

20時41分、メンバー退場。

千代県庁前駅20時48分発の電車が最終なので、
お見送りはなしでガスホールを出ました。

ガスホールから駅のホームまで2分程度なので、
クロークで荷物を受け取り、なんとか間に合いました。

せっかくなので、お見送りに参加して、
タクシーで博多駅に向かう方法もあったのですが、
次の日が仕事なので、安全策を取ってしまいました。

21時09分発のみずほで帰路につきました。



まどか様…



今回の生誕祭は「熊沢世莉奈を愛でる会」会長のまどか様のための、
「まどか様接待・りーぬ独り占め公演」とでもいうべきものでした。

「愛でる会」メンバーのしなもん・ゆうたんも勢揃い。

りーぬとのユニット2つ、りーぬの直筆メッセージ入り生写真、
りーぬからのお手紙…

まどか様本人が喜ぶお祝いとしては、これが一番でしょうね。



生誕委員からのノベルティやフラワースタンドを見ると、
いわゆる「界隈」、ファンコミュニティが成熟してきたように思われます。

「成熟」というか、かなりのお金と人手をかけて動けるほどに、
ファンコミュニティが強くなった印象です。

今年の選抜総選挙で票数は過去最高、順位も昨年から上昇と、
まどか様本人が特に変わった様子もないのにランクアップしたのは、
いわゆる「太ヲタ」(大金を使うファン)の結集も含めて、
「界隈」の力が強化されたからでしょう。

私は歴史の立会人にすぎないので、
そんな傍観者としての感想しかないのですが。



よくよく考えると、旧HKT48劇場、西鉄ホール、ガスホールと、
全部見ていることになるんですね。

まどか様を次に見るのは、いつになることやら。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 9月6日(水)の... 9月7日(木)の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (家庭教師)
2017-09-07 00:48:51
お疲れ様でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。