社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



麻生総理は今月4日にも
北朝鮮のミサイルが発射されるとの見方を示しました。

<【北ミサイル】「4日に発射」と麻生首相>
(MSN産経ニュース 2009.4.3 02:00)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090403/plc0904030201003-n1.htm

政府は迎撃態勢を整えていますが、
毎日新聞の記事が要領よくまとめています。

<北朝鮮「ミサイル」 政府、迎撃態勢に(09年4月2日)>
(毎日jp)
http://mainichi.jp/feature/sanko/archive/news/2009/20090402org00m030024000c.html

毎日の記事にあるように、
政府は「ミサイル落下の可能性は低い」と判断しています。

ならば大げさに「ミサイルで迎撃する」などと騒ぐ必要はないのですが、
「落下による被害を小さくするためにも迎撃は必要」
というロジックで正当化しようとしています。

ミサイル落下による被害の可能性について、
理路整然と説明するブログがありましたので、
紹介します。

<だから、無意味に煽るなと 北の「人工衛星」>
(北へ。の国から 2009年03月27日)
http://yukikaze.otaden.jp/e29168.html

「迎撃ミサイルで破壊されたミサイルの破片による被害」
について懸念する向きがありますが、
上記のブログの計算を見る限り、
被害の可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

また、北朝鮮のミサイルがポンコツであることも、
わかりやすく解説しています。

俳優の津川雅彦さんのブログでの発言が、
ネット上で話題になっています。

<首相のテポドン迎撃命令と共に、国民への公表は当然の事だ!>
(津川雅彦『遊び』ぶろぐ サンタの隠れ家 2009年3月28日 14:14 )
http://www.santanokakurega.com/2009/03/post-123.html

津川さんに賛同する声が多いのですが、
日本のミサイル防衛の現状について、
いかに理解されていないかがわかります。

テポドンはイージス艦発射のSM3の射程外を飛び、
地上発射のPAC3は市ヶ谷駐屯地など軍事拠点を
守るだけでしかありません。

威勢が良いだけの強硬論は、
挑発に乗せられた証拠であることに気づくべきです。

冷静に「人工衛星」の打ち上げを見守りましょう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« チベット民族... テポドンなん... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (o-tsuka)
2009-04-03 17:09:52
落下物をペトリオットで粉砕すると、かえって被害が出る確率が非常に上がるものと思われる。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-04-03 22:38:58
北朝鮮は電波の周波数の割り当てを行っている国際電気通信連合(ITU、本部ジュネーブ)に計画の届出をしていません
通常の衛星なら周波数が他国と同じにならないように届出をします

届出をしないということは軍事衛星かはじめから衛星の機能などもっていない電波の送受信などするつもりのないミサイルのどちらかです

前回も衛星と言い張りましたが届出してないのでミサイル扱いですね

いずれにしても破壊命令がでてもまったくおかしくない状況ですね

こんなんだから社民党は議席が減っていくんだよ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。