社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



「ノイホイ」こと作家の菅野完さんが
ツイッターで「って言え民進党」を投稿して話題になっています。

森友問題の前からノイホイさんをフォローしていたのですが、
なぜフォローしていたのか「記憶にありません」。

これは本当に覚えてないのですが…



自民党との対立軸は?=我が党は、基本的には大きな政府路線だ。
そして内政外交両面ともに人権を基軸におき、
同時にあらゆる非科学的なものとも距離を置きたい。
こういえば、自ずと、
新自由主義路線で人権軽視かつオカルト大好きな自民党との距離は鮮明ではないか?

って言え民進党


目標は?=格差是正と大幅賃上げを基調とした景気回復です
手段は?=逆累進制が強い消費税を撤廃し、
企業に懲罰的な賃上げ圧力をかけ、積極的財政出動で景気浮揚につとめます
具体的には?=消費税は即時撤廃。
法人税は昭和60年水準に戻し、政府直接雇用を増やします 

って言え民進党。


賃上げとは具体的に?=最低でも最低賃金全国一律1500円。
これは速やかに実現する。長期的には、
25歳から65歳の賃金労働者の手取り月給が「年齢x10万円」
つまり、「40歳なら最低40万」となる状況を目指します

って言え、民進党。


なぜそこまで賃上げに拘るのか?=拘らないのがおかしいのだ。
労働者が最低でも「手取り月給=年齢x1万円」を
週40時間労働のみで稼げるようにし、18時に会社を出、
20時には家族と食卓を囲み、22時には就寝できるという
当たり前の生活を市民に提供できなくて、何が政府か。

って言え民進党


中小企業等、困る企業があるのでは?=もちろん最初は大企業から着手していく。
財政体質から賃上げに応じられない企業もあるだろう。
しかし申し訳ないが、「人を雇うという行為の責任を負え」と言いたい。
人員整理などで出た失業者は、これまで以上に手厚い保護で支え抜く。

って言え。民進党


労働政策に力を入れると?=新たな法律を作る必要はない。
問題は、労基法を守らない企業つまり所謂ブラック企業が横行しているところだ。
具体的な政策としては、労基署の人員を増やし、所轄企業の監督を徹底させる

って言え、民進党


消費税撤廃とは財政的に無責任ではないか?
=財政均衡は「結果としてそうあれば望ましい」でしかない。
冷静にかんがえてみよ、「失われた30年」とは
消費税があがりつづけ法人税が下がり続けた30年だ。
ならば抜本的に反省が必要だろう。まず何より景気。景気をささえるのは生活

って言え民進党。


財源はあるのか?=これまで自民党政権下での景気浮揚策に
財源論からの指摘がなかったのに我々の場合だと
急に財源の話になるのが滑稽だ。自民党政権には感謝している
「トリクルダウンなんぞ起こらない」と立証してくれたからだ。
財源はある。法人と富裕層だ。分配こそ国家だ。

って言え民進党


政府直接雇用の増大とは?行政改革の流れに逆行するのでは?
=皆さんは何か勘違いしている。
日本は政府や地方公共団体が人を雇わなさすぎるのだ。
公務員の数は多いとは言えない。それに、「失われた30年」とは
すなわち「公務員を叩きつづけた30年」だと早く気づく必要がある。

って、言え民進党


急進的ではないか?=「30年間の怠慢のツケ」を清算しようというのだから
急進的に見えるのかもしれない。
しかし「消費税撤廃、賃上げ、労働環境の改善、財政による景気刺激」
という主張には「新規性」はない。いわば「当たり前」の主張だ。
我が党は当たり前のことを愚直にやる

って言え民進党


安全保障はどうするのか?=安全保障と社会保障という言葉で
同じ「保障」と言う言葉が使われているのが興味深いとはおもわんかね?
北朝鮮、中国、確かに脅威だろう。
しかし足下に「貧困」という脅威が忍び寄っていることをまず直視しようではないか

って言え民進党


憲法改正は?=戦後この方、「実務能力の低い政治家が憲法改正を語りたがる」
とうトレンドが続いている。我が党はそういう姿勢から距離を置きたい。
憲法より景気だ。まず生活だ。
そもそも憲法改正論議とは、
市民のがわから成されるべきであり我々公職者は抑制的であるべきだ

って言え民進党


党のガバナンスは?=人事案以外の党議拘束をすべて外すことを言明する。
また党内の議論はすべて広く市民に公開したい。
我が国の議会をダメにしているのは「新党」。
年末になると政党助成金狙いの新党が出る愚かしい風潮に終止符を打つためにも
助成金に頼らない党運営を目指したい

って言え民進党


有権者になにか一言=市民の皆さんには、
「しっかり稼いでしっかり休もう」と言いたい。
その環境を整備するために我が党は一丸となって働く。
手取り月給最低でも年齢x1万円、週40時間労働の徹底、
週休二日制・有休消化推進という「当たり前のこと」を愚直に実現したい

って言え、民進党


ヨソの党のことをあれこれ言うのは控えた方がよいのですが、
「それでもなお」という民進党への期待と、
「そう言えないだろう」という諦念が
これらのツイートに込められている気がします。

民進党が「財政健全化のために消費税10%」路線を堅持するようなら、
「消費税10%よりはマシ」という消極的な理由で
自民党への支持が続くように思われてなりません。

わが社民党も、ツイッターで拡散しやすいように、
党の主張を140字以内でまとめる作業を進めるべきです。

京都府連合としては試験的に行っていますが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 7月10日(月)の... 7月11日(火)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。