社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



天野純希『南海の翼 長宗我部元親正伝』(集英社)を読む。



関ヶ原の合戦の後、領地を没収された長宗我部盛親。

剃髪して大岩祐夢と合し、
京都で寺子屋の師匠をしていた盛親を、
旧臣の久武親直が訪れます。

盛親の父元親の側近として、
暗殺や謀略など裏で手を汚してきた親直。

久武親直の回想という形で、
長宗我部元親の生涯が語られます。

元親の長男信親誕生のときに親直と元親は出会い、
まずは土佐一国の平定をめざします。

正攻法だけでなく、謀略を駆使して土佐を平定した元親。

土佐一国の太守が己の器量に見合っていると思いつつも、
家中の勢いに押されるまま、四国統一へと乗り出します。

「無鳥島の蝙蝠」と揶揄されながらも、
信長の了承のもとに四国をほぼ手中にした元親。

謀略を駆使する中で、元親と親直は少しずつ壊れていきます。

信長の方針転換で土佐と南阿波を失う危機を、
本能寺の変で乗り切った元親も、
明智光秀と柴田勝家を破って信長の後継者となった
豊臣秀吉の前には土佐一国の領有で膝を屈さざるを得ませんでした。

戸次川の戦いで嫡男信親を失った元親は、
四男の盛親を後継とすべく、反対派を粛清していきます。

元親の死後、家督を継いだ盛親は、
関ヶ原の戦いの後、兄の親忠を粛清。

長宗我部家の血塗られた悲劇は続きます。

そして、盛親と親直は大坂城へ入り、
徳川方との最後の決戦に臨みます。

司馬遼太郎の『夏草の賦』と『戦雲の夢』を合わせたような内容ですが、
『ゴッドファーザー』三部作のように血塗られた長宗我部一族の陰惨さが印象的です。

ラストにわずかながらの希望を持たせているのは
『戦雲の夢』と同じですが、『蝮の孫』と似てしまっているのが何とも。

史実を知っていると、どうしても暗くなってしまいますが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 7月14日(金)の... 7月15日(土)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。