社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、47歳。
日々の思いを綴ります。
 



入場権利で岸野里香卒業公演に当選したので、
NMB48劇場に行きました。




15時からのチケット販売に鍵開けで一番乗り。

チケットと一緒に首から下げる「入場権利」の札を受け取り、
16時まで時間を潰していました。



事前購入可能なキャンセル待ち番号は5番。
なかなか優秀です。



16時すぎに劇場ロビーに入り、
客席入口とトイレの間の狭い廊下で整列しました。







重さんのファンからもお花が届いていました。






入場権利の当選者は30名。
私は16番目の入場順になります。

16時34分、モバイル枠の入場順抽選開始。

16時41分、会場。

6列目の真ん中に近いF-16に着席。

座席には委員の用意したグッズが置いてありました。



16時50分、委員からグッズの説明。

今回の出演メンバーは、次の16名です。

<チームN>
1期:岸野里香、上西恵、山口夕輝、山本彩、吉田朱里
2期:石田優美、古賀成美
3期:太田夢莉、加藤夕夏、西澤瑠莉奈
4期:明石奈津子、山尾梨奈
4.5期:城恵理子

ドラフト1期生:須藤凜々花

ドラフト2期研究生:西仲七海、本郷柚巴

さや姉出演公演を見るのは、2014年12月27日以来、
約1年10か月ぶり…



16時56分、影アナ(岸野里香)。

17時04分、開演です。

M00 overture (NMB48 ver.)

M01 青い月が見てるから
M02 Radio name(お便り読み:岸野)
M03 ここにだって天使はいる
M04 カトレアの花を見る度に思い出す

MC1(自己紹介)

ドラフト研究生の2人が泣き出してしまい、
卒業公演らしい光景と言えば光景です。

どういうわけか、
りかにゃんとツーショットでのスクショタイムになっていました。

実はこの公演が、けいっち500回目の公演。
図らずも節目の重なる公演となりました。

17時22分~34分がMCでした。

M05 夢のdead body(山本)

さすが、さや姉。

曲後に投げたピックは、私の左の左の人がキャッチしました。

M06 何度も狙え!(城、須藤、西澤、石田、本郷)

M07 おNEWの上履き(山尾、太田、西仲)

ゆーりたんのアイドル性が輝いています。

さすが万年ちゃん。さくらたんよりもキラキラしています。

やまりなやなーみも80年代アイドル感に溢れています。

M08 この世界が雪の中に埋もれる前に(岸野、山口、古賀、明石)

このユニットも最後なのか…

M09 ジッパー(加藤、吉田、上西)

アカリンのくびれ…

MC2(お題:朝起きたら里香ちゃんになっていました。何をしますか?)

明石、西澤、西仲、本郷、山口でのトーク。

17時56分~18時02分までMCでした。

M10 初めての星
M11 100年先でも
M12 リボンなんて似合わない

M13 ドガとバレリーナ(プリマ:加藤)

18時20分、メンバー退場。

キャメロンの漫談コーナーの後、
委員から「里香ちゃん」コールでのアンコールが発動されました。

18時27分、アンコール曲開始です。

EN1 情熱ハイウェイ!

MC3(前半:りかにゃんロスをどう癒すか
    後半:りかちゃんの話)

前半、仕切りのりりぽんがお題の趣旨を上手く伝えられず、
「打ち合わせと違う!」と混乱する局面も。

EN2 少し苦い人生相談
EN3 不毛の土地を満開に…

EN4 NMB48メドレー
(僕はいない~空から愛が降ってくる~青春のラップタイム)

「僕はいない」でアカリンが半泣きになりましたが、
最後には笑顔が戻りました。

「僕は~いな~い~」の歌い出しがセンターのりかにゃん。
そら泣くわなあ。

19時03分、メンバー退場。

スクリーンが下り、りかにゃんの映像が上映されました。

19時07分、映像終了。

ダブルアンコールを委員が発動するのかと思いきや、
2分ほど沈黙の時間が流れました。

私が発動した方がいいのか思案しているうちに、
3人の人影が暗転の中ステージに登場。

予想通り、というか期待通りに「あの曲」が始まりました。

WEN1 Bird(岸野、山本、山口)

曲明けのMCで「ワンハーフと思ってたやろ!」との言葉がありましたが、
りかにゃんが2番を担当しているのでフルでやると思っていました。

初日公演で見たときの衝撃がよみがえりました。

19時15分、岸野里香卒業セレモニーの開始です。

ファンからの卒業証書とお花の贈呈。
メンバーからの色紙贈呈に続いて、
卒業生の金のプレートが手渡されました。

最後に、りかにゃんからの挨拶。

終始笑顔で、前向きの卒業であるとのメッセージが伝わりました。

19時30分、終演。

遠方枠から移動を開始し、1列目→2列目→3列目と移動します。

19時35分、メンバー登場。

お見送りの開始です。

さや姉からは恒例の「どうも、おひさしぶりです」のお言葉。
ひさしぶりの出席確認でした。

N公演に入る機会が少ないので、
さや姉くらいしか認識している人がいないんだよなあ…

りかにゃんに笑顔バイバイ。
りかにゃんにも認識されていなかったようです。

「アディオス、アスタレーゴ!」か
「アテブレーベ、オブリガード」と声をかけようかと思いましたが、
あまりにもネタが古すぎるので、やめにしておきました。
(『太陽の子エステバン』や『信長』を知らないだろうなあ…)

湿っぽい卒業公演にならず、笑顔での送別会でお開きになった今回の公演。

なぜか松浦亜弥の『笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~』を
思い出しました。

松浦亜弥 - 笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~


私は最後まで笑顔で楽しんで泣かなかったので、
「冷たい人」と言われそう…

斉藤由貴 - 卒業


それでは、りかにゃん。

アテブレーベ、オブリガード。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 10月16日(日)... 10月17日(月)... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。