社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



プラザオーサカで行われた、全中連(全国中小企業団体連合会)
近畿ブロック協議会の研修会に参加しました。



全中連は中小企業団体の全国組織です。

昨年亡くなられた社会党の元衆議院議員、
和田貞夫さんが会長を務めておられました。

中小企業問題を和田会長が熱く語る!(上)

中小企業問題を和田会長が熱く語る!(中)

中小企業問題を和田会長が熱く語る!(下)


昨年の参院選比例区に立候補した桂川京都府連代表は、
全中連近畿ブロック協議会の副会長を務めています。

実は私も昨年から協同組合京洛商工繁栄会の監事を務めることになり、
こういった勉強会に参加させていただく機会が増えました。

まずは損保会社の社員さんから、
「損害保険」全般の内容について講義を受けました。

続いて近畿経産局から部長さんと課長さんから
「関西経済の動向と今後の展望」
「中小企業施策について」の2点について説明を受けました。

現在、私は中小企業関係の実務にタッチしているわけではないのですが、
ここで学んだことを生かす、というか、
知識を常にアップデートすべく学び続けることの必要性を感じました。

今年こそ社会保険労務士試験に合格して、
中小企業問題に取り組んでいく所存です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 5月18日(木)の... FM福岡「HKT48... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。