Nの吊り篭

(趣味の山歩き)も高齢に成り殆ど止めております、年齢に見合った散歩は続けます、時々は篭を覗いて下さい。

造幣局さいたま支局見学

2017-06-19 | その他いろいろ

平成23年5月に豊島区より、東日本大震災を踏まえ、防災公園等の整備を早急に進めるため、移転を含めた東京支局

敷地の有効活用の検討が要請されました。造幣局としては、これらの状況を踏まえた検討を行った結果、東京支局を

埼玉県に移転することとしました。新支局の建設工事については、平成27年7月に着工(平成28年9月竣工)、

平成28年10月にさいたま支局として開局しました。

「主な業務」

貨幣の製造、勲章の製造、貴金属製品の品位証明、地金、鉱物の分析試験

以上パンフレットより

造幣局入り口です。

造幣局とは貨幣の製造です、一円硬貨、五円硬貨、十円硬貨、

五十円硬貨、百円硬貨、五百円硬貨を作る所です、

紙幣は作りません。

最初は簡易な作りだったものが、贋金作りが昔も今も有る事で

どんどん真似できないような精巧な作りと工夫がされて居ます。

贋金作りとイタチゴッコデ製品の進歩が進むのも現実の

事のようです。

 

 

 

  

 普段何気なく使用して居る硬貨ですが、作られる過程を知ると

 コインとは言え大切に使いたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

丸く打ち抜いたばかりの金属を加工してできるまでの

工程を説明して呉れました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上尾駅からハイキング | トップ | 久喜市菖蒲のラベンダーとアヤメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL