Nの吊り篭

(趣味の山歩き)も高齢に成り殆ど止めております、年齢に見合った散歩は続けます、時々は篭を覗いて下さい。

山崎豊子作品

2017-03-07 | 読書

お出掛けない時は読書三昧です、目じからと読む気力の有る内に読もうと思う本が一杯有ります。

少々作者に偏りがちですが、「池井戸潤」「葉室麟」「藤沢周平」「山崎豊子」さんの本を読み続けています。

只今読んでいるのが「山崎豊子」さんの作品です、

プロフィールは大阪市生まれ1924~2013「船場の昆布屋に」生まれ船場の風習やら商魂などに触れる内容が多い。

京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務その傍ら小説を書き始め1957(昭和32年)「暖簾」を刊行

翌年「花のれん」により直木賞を受賞、新聞社を退社して作家生活に入る。

「白い巨塔」「不毛地帯」「二つの祖国」「大地の子」「沈まぬ太陽」など著作はすべてベストセラーとなる。

平成3年に菊池寛賞受賞。「約束の海」を遺作として2013(平成25年)に逝去。「作品の裏表紙より」

 

若い時と違って高齢に成ると速読が出来ないので、図書館での

借り本では返済期間までに読み切れないので本屋さんからの

買い本です、お手頃値段の単行本です、少々字が小さいのが

難点ですが照明を明るくして呼んでいます。

読み終えた本は「女の勲章」「女系家族」「華麗なる一族」「仮想集団」

「家紋」「しぶちん」「花のれん」「暖簾」「ぼんち」等です。

読むだけでも大変なのにまだまだこの作者の作品が有ります、

その内に他の本も読みたいと思って居ます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日から3月 | トップ | 今の丸山公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL