野坂屋旅館

自然の豊かな小さな町で、不知火海で獲れた天然の美味しいお魚をメインに、四季折々のお料理をお客様にお出しします。

赤松館1

2011-05-22 12:41:23 | Weblog
昨日お客様をお連れして赤松館へ行ってきました。

ちょうど植木や庭の手入れのために門が開いていると、NPO法人赤松館保存会の案内人で
薩摩街道ななうら案内人の会でご一緒させていただいてる松本秀也さんが、
「めったに開かない門からお客様をご案内しました。」
「門が開いている光景は貴重ですよ。」と教えていただきさっそく撮影に行きました。

ちょうど落ち葉や剪定した枝などをトラックに積んでいるところでしたので、
松本さんも積むのを手伝われてトラックを移動していただき撮影しました。

せっかくなので、作業の3名の方にも画像に入っていただくようにお願いをしたのですが
お一人だけしか入っていただけませんでした。




でもこの方のお顔がとても素敵だったので、アップにも挑戦。





良い顔されていますね。


ちなみに昔はこの門はお正月だけしか開けられなかったそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これってなんのお刺身でしょう | トップ | 赤松館2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事