九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

垢田八幡宮(山口県下関市)

2006-02-26 19:13:47 | 神社参拝ー中国
 下関シリーズの今回の最後として、垢田八幡宮(山口県下関市)フォトギャラリー(山口、本州)に掲載しました。

 鎮座地は国道191号線を「山の田交差点」から数百m北上した垢田町、まわりは下関市街地にも近く交通の便も良く住宅地となっています。

 御祭神はその名の通り、「応神天皇、仲哀天皇、神功皇后」の三柱です。
由緒等は、境内案内板に「創建年月日は不詳、なれど古くより、当地域の氏神としてこの地に祀る。」とあります。

境内末社として御祭神「天之御中主神、素盞嗚命」を祀る、「天之御中主神社」、俗称妙見社が、拝殿、本殿とも本社と同規模で双子のように並んでいます。

石段の参道の寛政元年(1789年)建立の鳥居

向かって右、八幡宮 左、天之御中主神社

多数の絵馬、写真等が奉納されている八幡宮拝殿

天之御中主神社本殿


 
総理大臣佐藤栄作 書の「支那事変、大東亜戦慰霊碑」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山神社(山口県下関市) | トップ | 参拝記録を改訂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。