九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

角島八幡宮(山口県下関市豊北町角島)

2007-08-26 12:03:34 | 神社参拝ー中国
 角島灯台から目的の角島八幡宮に向かいました。

角島灯台公園入口交差点で角島大橋方面への県道276号線に入らず、直進してバス通り(旧道)を尾山港に向かいます。角島小学校を過ぎて数百mの道路沿い(支所前バス停)にあります。

 角島八幡宮(つのしまはちまんぐう)
【鎮座地】〒759-5332 山口県下関市豊北町大字角島1412 旧長門国 豊浦郡
【御祭神】應神天皇 仲哀天皇 神功皇后
【例祭】10月14日 例大祭 10月15日 例大祭 毎月1日1・15日 月次祭
【旧社格等】村社
【御由緒】
当社は島の元山にあって、角島地区の氏神であり、室町時代の応永二年(1395)、神田上村の一宮から勧請されたと伝える。
 古くは一宮と祭日も同じであったが、江戸時代の享保年中(1716~)に改められた。旧社家がもと里村地区にあって、隣に御山といわれる森がある。このことから、社地ももとは里村にあったのではないかともいわれているが、明らかではない。
 また当宮の嗣官を、対岸の者が勤めた時代もあったようで、島戸八幡宮の記録によると、江戸時代の寛文二年(1662)、西鳴伊予橡藤原政次は、島戸・角島両八幡宮の祀官を勤めたとある。しかし元文四年(1739)の『寺社由来』では、岡村右近大夫となっている。
 社殿は江戸時代の宝暦四年(1754)に再建された(旧村社)。
 (山口県神社誌より)

  拝殿 

  拝殿前の狛犬文政五年(1822)の奉納です。 

  流造の本殿
 室町時代の応永二年(1395)神田上村の一の宮、住吉神社から勧請されたのが創始です。

    社殿全景

  拝殿右側面にある釣鐘
 昭和26年八幡宮600年式年祭の記念事業として奉納されました。
当社の本社にあたる神田上の住吉神社には室町時代の梵鐘があり、それにちなんだものと思われます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 角島八幡宮(山口県下関市豊... | トップ | 火男火賣神社(大分県別府市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。