九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

宇美八幡宮(福岡県前原市)

2007-01-08 20:27:34 | 神社参拝ー福岡
 宇美八幡宮(うみはちまんぐう)
<通称>八幡様(はちまんさま)
【鎮座地】〒819-1155 福岡県前原市川付787 旧筑前国 怡土郡
【御祭神】氣比大神 應神天皇 息長足姫尊 玉依姫尊 (合祀)瓊瓊杵尊
【例祭】1月1日 歳旦祭 5月15日 祈年祭 7月15日 夏季大祭 12月15日 大麻頒布祭
【御由緒】
  宇美八幡宮縁起略記
祭神・
 上宮-仲哀天皇、本宮-応神天皇、玉依姫命、神功皇后、気比大神、珎々杵尊
縁起・
 神功皇后摂政元年、武内宿禰を司として香椎の宮に置かれる所の仲哀天皇の御棺を当長獄山に收めて御陵を築かれたことに始まる…。とある、神功皇后の三韓渡航の間に於ける仲哀天皇假埋葬の地と記してあり、本宮の祭神気比大神は御渡航中の船上に舞い降り来て「我は皇后の国土を守護致します」との神託があり、皇后御歸朝の際当山に於いて報告感謝の祭を挙行され、後121年を経て、仁徳天皇治世十年に平郡宿禰の子博公を神主として、この霊蹟御社を建て気比大神を祀られた由縁であり、本宮の始まりである。気比大神は越前国(現在の福井県)官幣大社気比神宮の祭神でもある。
降つて、第43代称徳天皇神護景雲元年、社務(神主)により、八幡宮、聖母宮、宝満宮の三社を勧請され、八幡宮霊驗験著であつたため、社号を宇美八幡宮とした。
奈良、平安時代に於いては2月の大神楽、9月19日より25日迄の7日間、みこし三体で深江子負ケ原海浜に神幸し、奉納相撲、流鏑馬等の祭典盛であつたといふ。その後怡土郡中津領十二ケ村の総社として崇敬された。
社殿・
 現在の本殿は宝暦9年、奧平大膳大夫昌邦が建立したものである。
境内社・
 金比羅神社、宮地嶽神社、猿田彦神社、生目神社、両神神社、和多積神社、風神神社
以上
(平成祭データ)

 社殿全景

 本殿

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白崎八幡宮(山口県岩国市) | トップ | 雉琴神社(福岡県前原市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。