九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

伊豫豆比古命神社(愛媛県松山市)

2006-11-01 22:28:47 | 神社参拝ー四国
 伊豫豆比古命神社(愛媛県松山市)フォトギャラリー(山口、本州)に掲載しました。

伊豫豆比古命神社(いよづひこのみことじんじゃ)
<通称>椿神社(つばきじんじゃ)
式内社 伊豫國伊豫郡 伊豫豆比古命神社
旧県社
【鎮座地】〒790-0934 愛媛県松山市居相2丁目2-1 旧伊予国 久米郡
【御祭神】伊予豆比古命 伊予豆比賣命 伊與主命 愛比賣命
【御由緒】
伊予豆比古神社略記
 上古、伊予豆比古命(いよづひこのみこと)、伊予豆比売命(いよづひめのみこと)この丘に御船を寄せ給う。 翁の神あり、ともづなをとりて、岩頭につなぎ迎え給う。二神この地に在りて殖産の業を興し、繁栄の素地を創れり。国人徳を慕いて、ここに斎く。
 相殿に伊与主命、愛比売命を祀る。翁の神を潮鳴栲綱翁(しおなるたぐつなのおきな)と称し、奏者社に祀る。今この丘を船山と言い、岩頭に坐せられし故をもって、石居(井)と言うと。
 境内には椿樹群生繁茂せるにより、椿神社の別称あり。椿の開花せる立春に近き上弦に行わる初祭には、御忍渡御(おしのびのときよ)合せ火神事等の特殊祭事あり。参拝者数十万人に及ぶ。
 東に霊峰石鎚を望む道後平野に、いま平和の慈光溢れ、文化都市の発展をみる。上古を偲び神恩を奉謝して茲に建碑す。
 (境内石碑より)

楼門
 境内入口の鳥居をくぐると左に手水舎、正面に楼門があります。
古楠(ふるくす)
楼門の左脇にある古楠、「お紅さん」の愛称の牝狸が住むという伝承があります。

 境内には有名な俳人の句碑が多数あり、この大楠の前にもあります。

正岡 子規(右側) 「賽銭のひびきに落る椿かな」

『開運の神「椿さん」は、毎年旧暦正月8日の例大祭には参拝客が多く県下三大祭りの一つ。
 大昔は「港」のことを「津」(つ)と言い、そのそばにあるから「津脇」といわれたというが、中世末には境内の森は椿が多く、「椿の森」神社といわれ、それより「椿」の名が起こったともいわれている。
 子規の明治25年の句で「寒山落木」には「椿神社」と題してあり、鎮座2240年奉祝記念として九十隻極堂の書で昭和31年建立』
 (案内板より)

河本 南牛史(左側) 「恵栄なもしお椿まいり道後の湯」

拝殿
 広い境内の左右に境内社、正面階段の上に社殿があります。
階段下には丸い絵馬が多数奉納されています。
 左は潮鳴栲綱翁(しおなるたぐつなのおきな)が祭神、伊予豆比古命(いよづひこのみこと)、伊予豆比売命(いよづひめのみこと)をお迎えした「船山」です。

拝殿の扁額

 回廊(1962年(昭和37年)に改築)  本殿
社殿は外回廊、内回廊の二重の回廊で囲まれています。
 また、回廊内には多数の燈篭と椿があります。

冨久椿
 回廊に奉納された椿祭りの冨久椿

船山に鎮座の奏者社(そうじゃしゃ)
<御祭神>
 潮鳴栲綱翁神(しおなるたぐつなのおきなのかみ)
<由緒>
 伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)、伊豫豆比売命(いよずひめのみこと)の二柱の神様を舟山に御船を寄せられたとき、纜(ともづな)を繋いでお迎えされた、との古事に倣い(ならい)、万事お取り次ぎを頂く神様。
 当社を参拝するについて、先ず奏者社にお参りをする習慣があります。
 (案内板より)

勝軍八幡神社(かちいくさはちまんじんじゃ)
<御祭神>譽田別命、 天照日靈命
<由緒>
 今を去る八百年の昔、蒙古襲来の折、この地方の豪族であった河野一族が防人として出兵し、伝えられる「神風」の加護により大勝の帰路、大分県の宇佐八幡神社の神を勧請し現在に至る。
 (案内板より)

拝殿から境内
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランタナ | トップ | 肥後國一の宮 阿蘇神社(熊... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
始めまして (cg-off)
2006-11-01 22:50:28
始めまして、小倉南区です。
 写真が、お上手ですね、建築関係ですので、
 参考に、させて下さい
 当ブログに、リンクさせて下さい。
桜舞さん(別府)の方も、神社 お寺の関係です
http://bako2006.blog72.fc2.com/
PS
JR6EVRですが、同じく、休眠中です(笑)
ご来訪ありがとうございます。 (noyama)
2006-11-03 08:46:05
cg-off様、ご来訪、Linkいただきありがとうございます。
 貴兄のBlog拝見しました、当方こそ参考にさせていただきます。

 今後とも宜しくお願いします。

尚、コメント重複していましたので1つ削除しました。
Unknown (cg-off)
2006-11-05 17:48:17
すいません、重複しまして (*^_^*)
また、遊びに来ます
今後も、よろしくお願いします<m(__)m>

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。