九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

山口八幡宮(福岡県宮若市)、他に参拝

2008-03-30 17:16:46 | 神社参拝
 3/29(土)、北九州市と福岡市のほぼ中間に位置する宮若市を巡ってきました。
 宮若市は平成18年2月11日、旧鞍手郡宮田町と若宮町が合併して誕生しました。かつては炭鉱で栄えましたが、現在はトヨタが進出するなど自動車産業またIC産業など近代産業の誘致が進んでいます。
 桜も期待していたのですが、各社境内の桜はまだ大分早く、つぼみから3分咲き程度でした、見頃は来週位でしょうか。

 最初は九州自動車道「若宮IC」(高速道路の標識は「若宮宮若」となっています、なんだかややこしいですね)近くの「山口八幡宮」です。


 山口八幡宮(やまぐちはちまんぐう)
【鎮座地】〒822-0153 福岡県宮若市山口1723 旧筑前国 鞍手郡
【御祭神】應神天皇 神功皇后 武内宿禰
【例祭】10月7日 例大祭
【旧社格等】村社
【御由緒】
山口八幡宮 由緒
鎮座地 福岡県鞍手郡若宮町大字山口一七二三
御祭神 主祭神 應神天皇
    相 殿 神功皇后 武内宿弥
明治五年十一月三日村社に被定
 社説に曰く昔、神功皇后此の村を行幸ましましける折柄此処にて休ませ給う。
夫より見坂越に赴き給ひ遙かに海原をながめさせ給う。
その後延喜二年(西暦九〇二年))九月九日始めて小方隼人と言える者、皇后の行幸の例に任せ八幡宮を建立す。今の宮所これなり。
 昭和七年九月九日鎮座一〇〇〇年祭を執行す。詳細なるは宗像神社の末社記にあり。又筑前早鑑及び筑前国続風土記拾遺付録に見えたり。年中数度の祭事あり。
 宝永三年丙戊年(西暦一七〇六年))四月二十八日神殿造営の棟札あり。時の神主小方左右ヱ門藤原光次代なり。
その頃より、神幸、湯立神楽等ありて三十三人の宮座祭あり。今日迄、例祭日に執行す。三座共に本膳一式の神饌を供する例なり。
 昔より若八幡宮と申しけるを正徳二年(西暦一七一二年)大宮司小方左右ヱ門藤原光次の代、鳥井神名額に八幡宮と記したるに付き、其後村人は山口八幡宮と申し奉る。
 当村を山口郷又は奥宗像とも申し奥宗像郷の産神にして大社なり。幸福厄除の神として御神徳顕著なり。

主祭日
 一月  一日 元旦祭  十月  七日 例祭
 二月 11日 紀元祭 十一月 十五日 七五三祭
 四月 上旬  春祭  十一月二十三日 新穀感謝祭
 七月 上旬  夏祭  十二月三十一日 大祓式
 七月三十一日 大祓式 十二月三十一日 除夜祭
   山口八幡宮奉賛会
 (社頭由緒掲示板より、*原文のまま)

 九州自動車道「若宮」ICから県道30号線を山口川沿いに西に(福岡方面)1.5km進むと左手に一対の大きな燈篭が見えます。そこから橋を渡り、九州自動車道の下をくぐって数百mの道路沿いに大鳥居があります。すぐ前に「里公民館」です。

  二の鳥居
昭和3年の一の鳥居に続いて、昭和9年正月建立の二の鳥居です。

手前に正徳二年(1712)の鳥居の下の部分が残っています。
 由緒に「正徳二年(西暦一七一二年)大宮司小方左右ヱ門藤原光次の代、鳥井神名額に八幡宮と記したるに付き、其後村人は山口八幡宮と申し奉る。」とありますので、この鳥居と思われます、傍には「八幡宮」の扁額もありました。

 綺麗に整備された石段を上ると、三の鳥居
昭和11年8月奉納の境内入口の鳥居、鳥居をくぐりさらに石段を進むと、右に小さな手水舎、正面に数mで拝殿です。

 拝殿と扁額 
 真っ暗な拝殿内を高感度で撮影、「敵國降伏」とあり、「筥崎宮」と同じです。

 本殿 
当社も神功皇后がお立ち寄りになられたゆかりの社です。延喜二年(西暦九〇二年))の創建と伝えられています。

 社殿全景
 拝殿内部はかなり広く、右側の軒下に「神楽殿」の額が架かっています。

社殿右にある境内社「五良七神社」
  福岡縣神社誌にも記載がなく祭神等不明です。

   境内右側の鳥居
境内右側にも細い参道があります。鳥居には明治廿?年5月とあります。

 境内から参道

 社叢全景社域の杜は典型的な神奈備を形成しています。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝田神社(山口県山口市) | トップ | 平清水八幡宮(山口県山口市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。