九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

諏訪神社(長崎市)

2006-08-20 11:31:11 | 神社参拝ー九州
 諏訪神社(長崎市)フォトギャラリー(九州、沖縄)に掲載しました。

当社はJR長崎駅から東におよそ1kmほどの西山町に鎮座しています。
長崎市内の移動は路面電車が安くて(全線100円均一)便利です。当社も「諏訪神社前」電停からすぐに一の鳥居が見えています。
 じゃ踊りで有名な「長崎くんち」は当社の例大祭で10月7~9日におこなわれ、日本三大祭と称されています。

【鎮座地】〒850-0006 長崎市上西山町18番15号 
【御祭神】
主祭神 諏訪大神:建御名方神 八坂刀賣神
相殿神 森崎大神:伊邪那岐神 伊邪那美神
     住吉大神:上筒之男神 中筒之男神 底筒之男神
【御由緒】
  当神社のご縁起は、かつて戦国時代にこの長崎はキリスト教のご領地となって、神社も寺も全部焼き払われて無くなっていたのを、今から約360年前の寛永2年(1624)に初代宮司青木賢清によってこの地に再興されたもので、徳川幕府の援助により鎮西無比の壮厳な社殿が造営された。
しかし、安政4年(1857)火災に遇い一部を残し殆ど消失したが、孝明天皇の思召しにより、明治2年に10年の歳月をかけて復元し、更に昭和59年御鎮座360年を記念し、昭和の大改修として造営されたのが現在の社殿である。
(平成祭データ)

一の鳥居、扁額には「鎮西大社」とあります。

 
なだらかな参道を進み石段を上るととりっぱな大門(神門)
正面奥に昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭の二度にわたり造営された社殿。
 

拝殿 
諏訪大神・森崎大神・住吉大神の三体が祀られた本殿

 厄難除け蛙岩
当神社の末社の玉園稲荷神社の横には、江戸時代よりしめ繩が張られ「霊石」として崇敬されている蛙に似た大岩がある。
この大岩は、昔から「蛙岩」(どんくいわ)と呼ばれ、先年の長崎大水害の折りには、土砂崩れから社殿を守り、以後災難除けの蛙岩と信仰されている。
この蛙岩は「出した金またかえる。旅行に行っても無事かえる。病気になっても健康がかえる」等の願い事が叶うと言われている。
この蛙岩の陶製ミニチュアの「蛙守り」は、全国より手紙での申し込みがある等評判である。

続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夾竹桃 (きょうちくとう) | トップ | 諏訪神社(長崎市)の狛犬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。