九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

美奈宜神社(福岡県朝倉市荷原)

2007-02-09 05:36:26 | 神社参拝ー福岡
 美奈宜神社(みなぎじんじや)荷原
【鎮座地】〒838-0029 福岡県朝倉市荷原2421 旧筑前国 下座郡
【御祭神】天照皇大神 (配祀)住吉大神 春日大神 (合祀)神功皇后 武内宿禰
【例祭】10月22日 例祭
【旧社格等】
  式内社 筑前國下座郡 美奈宜神社3座(並名神大)
  旧県社
【御由緒】
 式内美奈宜神社
祭神 天照皇大神 住吉大明神 春日大明神
  相殿 神宮皇后 武内宿祢を併せ祭る
由緒
 第14代仲哀天皇は白髪山を本城とする敵、「羽白熊鷲」を討つため軍を進められていたが途中病気で急逝。しかし神宮皇后は喪を秘して武内宿祢等を從えて喰那尾山頂(ここから北西200m)の地で陣をしき謀議の末賊を討たれた。これはお告げをうけた三神の助であるとして美奈宜川上「池辺」(ここから東へ300m)の地で戦勝奉告をされた。後に仁徳天皇(神宮皇后の孫)の勅願により「池辺」にこの神を祭るようになった。(西暦312年頃)後世ここを「本宮」と云う。
遷宮
 1. 大宝元年旧九月二十二日(西暦751年)喰那尾山頂の陣跡へ。
 2. 元弘三年(西暦1333年)大宮谷(ここから100M上)へ。
 3. 天正二年十一月(西暦1574年)領主秋月種実の頃現在地へ。
   神領50町 神官社僧36人仕えていた。

社格
 貞観元年正月廿七日(西暦859年)「從五位上」と云う位を給う。之は「三代実録」の文中に見える。又延喜式十巻神名帳(西暦920年頃の書)に「筑前国下座郡美奈宜神社三座」名神大と記載あり
祭礼
 十月二十二日の「おくんち」には獅子、羽熊等お供約200人の御神幸行列が今なほ行はれている。
 (参道案内より)

 参道の鳥居
  楼門

 拝殿 本殿

 社殿全景
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝋梅 (ろうばい) | トップ | 聖母宮(長崎県壱岐市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。