九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

松峽八幡宮(福岡県筑前町)

2007-01-25 05:33:34 | 神社参拝ー福岡
 松峽八幡宮(まつのうはちまんぐう)
【鎮座地】〒838-0801 福岡県朝倉郡筑前町栗田605 旧筑前国 夜須郡
【御祭神】神功皇后 應神天皇 住吉大神
【例祭】12月第2日曜日 例祭
【旧社格等】 郷社
【御由緒】
松峽八幡宮
 筑前国続風土記「ジゲ。神殿二間二間拝殿二間三間 祭礼九月二十五日、石鳥居有り 村中高き所にあり、祭る所の神「三座 応神天皇・神功皇后・住吉大神也
 この村及び久先・森山・当所・畑島・小隈・黒岩谷すべて八ケ所の産神也。鎮座の年詳らかならず。
 社内に大神宮・文殊堂・石仏あり。昔は九月新嘗会の祭りには大祭ありしと云う。今も社前に馬場の跡の残り
 本社の東十五丁余、山の上に岩戸あり。又楠の木一株あり。八幡宮古は松尾に鎮座給いしとぞ」
 この社は、日本書紀の神功皇后紀の「元年三月皇后熊鷲を討たんと欲して香椎宮より松峽宮に遷る
 松峽は万都乃乎と訓むべし」に起する。そして「名義は山峽に松の生いたる地にて負わせたるべしと」有り。
 八幡宮の北二〇丁ばかりの所にあり。そしてここを本陣として皇后が松峽におられたとき、背後の山頂に登られて方一間ばかりの石に座して、四方を見渡されたのでこの山を目配山という。その他皇后の伝説地としてお手洗滝・お化粧川・鞍掛石がある。
 平成三年三月
 三輪町教育委員会
 (参道入口案内板より、一部判読困難で推測あり)

 参道 拝殿

 本殿
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老松宮(福岡県筑前町) | トップ | 金刀比羅神社(福岡県朝倉市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。