九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

熊毛神社(山口県周南市)

2007-02-18 09:59:32 | 神社参拝ー中国
 熊毛神社(山口県周南市)を掲載しました。

 熊毛神社(くまげじんじゃ)
<通称>八幡様(はちまんさま)
【鎮座地】〒745-0612 山口県周南市呼坂1322 旧周防国 熊毛郡
【御祭神】三毛入沼命 玉依姫命
 (配祀)八幡宮(仲哀天皇 應神天皇 神功皇后 )
 (合祀)白山神社(菊理媛命 伊弉諾尊 伊弉冉尊)
【例祭】10月11日 例祭
【旧社格等】
 式内社 周防國熊毛郡 熊毛神社
 旧県社
【御由緒】
 式内神社であるが、創立年代は不詳である。奈良時代の天平十年(738)の『周防国正税帳』に、「熊毛神社に稲四十束の臨時祭祀料奉献」とある。
 その後、大内・内藤・毛利氏等の厚い崇敬を受け、安土桃山時代の天正十七年(一五八九)の検地には、「田六町五反十歩、畠四反」の神領があった(熊毛神社文書)。また、江戸時代には社殿の再建や修理に、藩主の多額の寄進がみられる。 明治六年(1873)郷社に列し、大正四年(1915)県社に昇格する。
現在の社殿は、本殿を明治十九年(一八八六)、拝殿を同三十年(一八九七)に再建したものである。
 宝物として、大内弘貞・内藤興盛・毛利輝元等、多くの古文書を有する。
 (山口県神社誌より)

 周南市(旧熊毛町)呼坂のJR岩徳線勝間駅の北、国道2号線「勝間交差点」から百数10mほどの丘の上に鎮座しています。

 参道
一の鳥居をくぐると石段の参道が続きます。

 参道から拝殿
参道左脇に亀の上に社号標、その他石碑が並んでいます。

 拝殿
石段を上りきると正面に拝殿、左手に手水舎
 
 本殿 社殿全景

 御祭神は神武東征の途中、船が周防の海で暴風雨に遭ったとき、身を海中に投じて、船の安全をはかったと云われる神武天皇の次兄「三毛入沼命」、と聖母「玉依姫命」です。
 本殿は板塀で保護されています。

 参道から国道2号線方面
国道からの参道両脇には多数の灯篭が並んで奉納されています


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市... | トップ | 「洋らん」 Orchid »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。