九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

山王神社(長崎市)、他に参拝

2006-02-07 05:53:03 | 神社参拝
02/03(金)、山王神社(長崎市)、他に参拝しました。

「長崎ランタンフェスティバル」のバスツアーで久しぶりに長崎を訪れました。

最初は中学の時の修学旅行ですからおよそ40数年前になります。夜汽車で早朝、長崎駅に到着、バス会社の社員の方々によるブラスバンドの校歌で歓迎され、皆寝ぼけ眼がシャキとなって感激した想い出があります。

 その後、仕事で何度か訪れましたが、夜の思案橋を除いて観光地等は全く見物もしていませんでした。

 幸いバスツアーは昼食後20:00まで自由行動でしたので時間は充分あり、昼食の中華レストランから徒歩10数分のところに山王神社があると聞き、ここでバスツアーから離れて早速参拝することにしました。

山王神社の二の鳥居
 山王神社の参道に立つ鳥居。原爆の爆風で片方の柱が吹き飛ばされているため、「一本柱鳥居」とも呼ばれています。歴史の証人として、現在も一本の柱で立ち続けています。
 境内入口の被爆クスノキ

島原の乱の後、徳川幕府老中松平伊豆守信綱が、この地が近江琵琶湖岸の坂本に地名や景色が酷似しているとして、かの地の山王日枝の「山王権現」を招祭してはと思い、それにより時の長崎奉行、代官が寺町の延命寺の龍宣法印師に依頼して建立、延命寺の末寺「白厳山観音院円福寺」として運営されました。
 明治時代になり、神仏分離令により、本来の「山王日吉神社」と改称しました。
 1945(昭和20)年8月9日の原爆で壊滅的被害を受けましたが徐々に再建し、 1988(昭和63)年にぼぼ旧来の姿に再建されました。 (案内板より抜粋)


続いて路面電車(全区間100円均一)で諏訪神社に向かいました。


寛文七年(1667年)ジャワから持ってこられた「ザボンの木」がある西山神社
 

菅原道真を祀った松森神社

市内中心部繁華街の「眼鏡橋」近くの長崎大神宮(2階建て構造1階は駐車場)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八幡山神社(広島県呉市)、... | トップ | 神武天皇社(福岡県芦屋町)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。