九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

琴似神社(札幌市)

2006-08-13 11:22:07 | 神社参拝ー北海道・東北
 連日猛暑が続きます、今年は特に地球温暖化の影響か各地で37~8度と記録ラッシュのようです。

 涼しい風景をと思い、昨年厳冬の2月に参拝した琴似神社(札幌市)フォトギャラリー(山口、本州)に掲載しました。

当社は札幌市営地下鉄東西線の琴似駅から山の手方面に徒歩5、6分のところに鎮座されています。
 境内は明治8年に入植した琴似屯田兵村の跡地で屯田兵にゆかりの社です。

【鎮座地】〒063-0811 札幌市西区琴似1条7丁目1番30号 
【御祭神】天照大御神 (配祀)豐受大神 大國主大神 武早智雄神 土津霊神
沿革
明治08年(1875) 武早神社創建
         祭神:武早智雄神(旧亘理藩(宮城県)藩祖伊達藤五郎成実公)
         鎮座地:山の手2条1丁目
明治30年(1897) 鎮座地を山の手水上通り入口西角に移し、琴似神社と改称
明治44年(1911) 大国主大神を御増祀
大正04年(1915) 現在地に遷座、村社に列格
昭和11年(1936) 社務所(現職舎)竣工、紀元二千六百年を記念した境内地の大改修
昭和19年(1944) 郷社に昇格
昭和26年(1951) 御社殿の御造営に着手
昭和28年(1953) 11月 御造営竣工(現在の社殿)
昭和43年(1968) 開道百年、伊勢神宮の特旨を仰いで特別神璽を拝受、両宮の神々を御増祀
平成06年(1994) 旧会津藩(福島県)藩祖保科正之公、土津霊神を御増祀、 
 
参拝したのは日暮れまじかの午後5時前薄暗い境内の雪がきれいです。

昭和28年(1953)11月御造営竣工の社殿) 

境内社 報徳神社
【御祭神」大国魂神、氏子中の靖国の英霊と琴似屯田兵240柱を祀る。

史跡琴似屯田兵村兵屋跡 

屯田兵制度は明治6年、北海道・樺太の警備と拓殖、士族の授産等を目的として発足したものです。
琴似屯田兵村は明治8年5月入植した屯田兵制度最初の兵村です。
東西10間、南北15間150坪に区画され17.5坪の兵屋が建てられたものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百日紅(さるすべり) | トップ | 夾竹桃 (きょうちくとう) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。