九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

惣社宮(福岡県中間市)

2007-06-10 09:47:23 | 神社参拝ー福岡
 惣社宮(福岡県中間市)を掲載しました。

 惣社宮(そうしゃぐう)
【鎮座地】〒809-0032 福岡県中間市中尾1丁目4-3  旧筑前国 遠賀郡
【御祭神】大己貴命
  (配祀)素盞嗚命 稻田姫命 天照大神
  (合祀)宗像三前大神 安河五柱彦大神 神直日神 大直日神 齋明天皇
     天照大御神 速須佐之男命 奇稻田姫命
【例祭】11月1日 秋季例大祭
【旧社格等】郷社
【御由緒】
惣社宮
御祭神 大己貴大神 稻田姫命 素盞嗚命 天照大神
御由緒
 神武天皇岡水門に行幸の時、祀ったと云われ
神護景雲年中、一国三惣社を定められた時当社も列し郡内七旧社の一つである。
享和年中、郡役所より永年米二俵の寄附、天保中、郡役所より銀一貫五百目寄附あり。
昭和八年旧郷社加列された。
 主祭神大己貴大神は別名大国主命であり、因幡の白兎の神話にみられるように心優しく暖かいお方であり、又医療の神として昔より氏子崇敬者より崇められております。
 (境内案内板より)
注:神護景雲年中(767~769年)、享和年中(1801~1803年)

 中間市のほぼ中心地、遠賀川に架かる遠賀橋から県道48号線を東(北九州方向)におよそ500m、中尾1丁目の県道沿いにあります。

 参道の鳥居から拝殿

 拝殿 扁額

 本殿 
 神武天皇が神武東征の途時、岡水門に行幸の時、祀ったと云われています。
遠賀郡7旧社の1つであり由緒ある古社です。

 拝殿前の狛犬萬延元年(1860年)9月の奉納

 境内社
境内山中に分散されていたが昭和63年11月新しく此処に御祭祀されました。

 境内社、若宮神社
【祭神】仁徳天皇 (配祀)應神天皇 白鳥神

 境内から参道


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎮懐石八幡宮(福岡県二丈町) | トップ | 紫陽花(あじさい) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。