九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

中山神社(山口県下関市)

2006-02-19 17:30:48 | 神社参拝ー中国
 中山神社(山口県下関市)フォトギャラリー山口、本州に掲載しました。

国道191号線綾羅木駅前交差点の1ブロック北側の交差点から海岸方向に入っておよそ700mの松林の中に鎮座されています。
 一の鳥居の向こうに御所をおもわせる神門が見えます。

 社名は御祭神は勤皇の公家中山忠光卿に由来しています。

中山忠光卿は、弘化二年(1845年)に、大納言中山忠能卿の第五子に生れ、明治天皇の御生母中山一位の局(慶子)は姉君であり、従って忠光卿は明治天皇の叔父にあたります。

 

 元治元年十一月八日夜豊北町田耕字長瀬に於て俗論党の凶手に倒れ悲惨な最期を遂げられた。凶徒は尊骸をその夜の内に約二十八キロ離れた、当神社松林までひそかに埋葬し、此を奇兵隊が探知して当初木の墓標を建てた。慶応元年十一月豊浦藩は社殿を造営し英霊を祀ったのが当神社の創立である。(平成祭データより抜粋)



中山忠光の墓(享年20歳)
 藤原忠光卿と書いてあります。これには二説あり、中山家の祖先が藤原家となること、もう一説は長州藩が中山忠光卿を埋葬したを隠したかったとの説とがあります。

 愛新覚羅社(玄界灘のはるか彼方の中国大陸に向かって建てられています。)
満州国の最後の皇帝・愛新覚羅溥儀の弟である愛新覚羅溥傑とその妻の浩(忠光のひ孫)、長女慧生が祀られています。

 忠光が暗殺されたとき、側女(そばめ)のトミが忠光の子を身ごもっていた。生まれた女の子は仲子姫(なかこひめ)と名付けられ、のちに嵯峨家に嫁ぎ、嵯峨侯爵婦人となる。
 嵯峨侯爵婦人の孫に当たる浩(ひろ)は、日本が中国大陸に建国した元満州国皇帝溥儀(ふぎ)の実弟の溥傑(ふけつ)と結婚して、愛新覚羅浩(あいしんかくら ひろ)となった。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神武天皇社(福岡県芦屋町)... | トップ | 垢田八幡宮(山口県下関市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
山口県下関市中山神社に行く (日々、やれやれ)
山口県下関市綾羅木本町7丁目10-8に鎮座する 中山神社に行ってきました 9月18日のことです。