九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

杜屋神社(山口県下関市)

2006-02-05 20:44:33 | 神社参拝ー中国
杜屋(もりや)神社(山口県下関市豊浦町)フォトギャラリー(山口、本州)に掲載しました。

 当社は下関から国道191号線を響灘を左手に北上、豊浦町に入っておよそ2~3Kmで、191号線と並行にはしるJR山陰線の線路の向こうの田んぼ?の中に鳥居と案内板が見えてきます。

 参道入口の鳥居をくぐり厚母川に架かる「御神橋」をわたると右手に手水舎があり、立派な神門から境内につづきます。

 

境内の案内板にはつぎの記述があります。

千古の名社
長門国三の宮(延喜式内社)
 杜屋神社由来

鎮座 山口県豊浦豊浦町大字黒井一五四一番地(現在は合併して下関市豊浦町)

主神 三穂津姫神
配祀 厚母八幡宮、萩尾八幡宮、両社を合祀

一、主神三穂津姫神については「日本書紀」神代下に次のように記載されています。

「時に高皇産霊尊、大物主神に勅したまはく、汝若し国神を以て妻とせば、吾猶ほ汝を疏き心有りと謂はむ。故れ今吾が女三穂津姫を以て汝に配せて妻と為む。宜しく八十萬神を領ゐて、永き皇孫の為に護り奉れと。乃ち還り降らしむ。」

一、延喜式(醍醐天皇延長五年(九二七年)に撰進せられた法典)に次の通り載録されています。

 長門国 五座(大三座、小二座)
 豊浦郡 五座(大三座、小二座)
  住吉坐荒魂神社 三座(並名神大)
  忌宮神社 村屋神社

 註 この「村屋神社」が当社であることは神祇史料等で明らかである。

一、御祭神及び神社に関する諸伝説を伝う。

一、宝物
 大内義隆、毛利元就(豊浦町文化財指定)等の古文書
 能面(神楽面、土俗面)十余点
 棟札 多数

一、御祭礼
 春祭 四月十四、十五日
 例祭(秋祭) 十月十四、十五日
 お忌祭 一月十八日夜~二十五日朝


本殿(神明造)

本殿後方の磐境(いわさか)

社殿全景 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006長崎ランタンフェスティバル | トップ | 八幡山神社(広島県呉市)、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。