越後食の旅

2017年06月10日 | GG通信



 職場仲間のオジサン8人で越後の旅に行ってきた
 そうは言っても、私の馴染みの宿への旅
 まずは、「マツコの知らない世界」でも紹介された
 三条の包丁工房タダフサの工場見学


 


 
 従業員の方が案内してくれる



 
 一工程毎に職人さんの手が入る



 
 工程別に職人は専業化しているそうで
 全行程をこなせる職人は数人とか
 写真は伝統工芸士で社長の曽根忠一郎氏?



 
 タダフサのショップ
 少し傷などがある品物は2割引きのアウトレット価格
 人気で注文から3年待ちのパン切包丁もあったので
 思わず購入



  
 続いて三条鍛冶道場へ



 
 


 
 隣接する「三条スパイス研究所」で昼食
 入り口で5組くらいが将棋を指していた
 平日の昼間から暢気なものだと言ってみたが
 自分たちも同じだと気付いて皆爆笑
 


 
 ターリーセット ¥1296
 4種類のカレーから2種類を選んで
 混ぜて食べる
 美味しかったが値段は少々高め
 場所代込みかな?
 
 
 
 
 続いて小出へ戻り
 日本のミケランジェロ石川雲蝶の
 彫刻絵画のある赤城山西福寺へ



 
 覆い屋根が残念な開山堂
 急峻な屋根の雪下ろしができなくなり
 平成11年に覆い屋根を掛けたそうだ
 拝観料500円也を払い中へ
 堂内には立派な絵画彫刻が施されているが
 写真撮影ご法度に付、写真は無い
 詳しくはホームページ参照



 
 庭園奥にある左:子授神、右:子安地蔵、奥:赤城大明神
 左右は最近の作かな?




 
 庭のクリンソウ



 宿泊は大白川の定宿へ
 お決まり山菜フルコース

 
 アケビ芽のお浸し・ヤチアザミ油炒め

 
 ワラビの酢の物・ウルイの酢の物

 
 ゼンマイとフキの油炒・コゴミの胡麻和

 
 アオミズと油揚げの和え物・焼きネマガリタケノコ

 
 アユの塩焼き・ウドとタケノコの酢味噌和え

 ここで山菜の天ぷら6種
 ヤマブドウ・ヨメナ・クズ・ウド・ハンゴンソウ・マタタビ
 が出たが、食事に夢中で撮影を失念
 

 
 〆は御主人の打立て蕎麦と婿殿の手作りスイーツ
 病気その他で下戸ばかりの8人
 お酒はあまり飲まずスイーツとお茶でおしゃべり
 どこぞの御婦人方の団体の様だ



 
 朝目覚めても満腹で腹ごなしの散歩で六地蔵にお参り


 
 真白なタニウウツギが咲いていた


 
 今年のヤマブドウは豊作模様



 
 小出の道の駅へ寄り



 
 八海山ロープウェイで山麓へ



 
 山麓展望台から八海山頂



 
 巻機山
 満腹オジサんグルメツアーは山登りはしないのでここで下山


 
 湯沢でうどんすきと揚出豆腐を食して帰宅
 

 
 



  
  普段は気を遣う間でも、旅行期間中は無礼講
10人乗りのレンタカーは乗り心地は日光前(イマイチ)でしたが
車中の会話も弾みnoyama主催第2回目の職場旅行は
なんとも楽しい二日間でした

  
 ↓そんな訳で 押して頂くとたすかります





『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社山(シロヤシオ盛り) | トップ | ゆっくら函館山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。