気ままな歳時記

 気ままに日々の出来事を写真で綴っていきたいと思います。

仙台市日蓮宗東北本山『考勝寺』の五重塔

2008年07月29日 20時19分37秒 | 日々の出来事
 今日は仙台駅の東口で会議があり,“宮城野大通り”を歩いていると,南側に五重塔が見えました。

 前から気になっていたのですが,多重塔と言えば定義如来『西方寺』の五重塔や,『輪王寺』の三重の塔は有名ですが,仙台駅の東口にいつ出来たのでしょうか。

 その五重塔は,日蓮宗東北本山『考勝寺』で,仙台駅の東口の榴ヶ岡四丁目にあります。

 調べて見ると,伊達二代藩主忠宗の正室である徳川振姫は池田輝政の娘で,この寺の復興に尽くしたことから,忠宗が振姫を葬り御霊屋を建て,寺名を振姫の法号「考勝院殿秀岸日訊大姉」にちなんで『考勝寺』としたようです。

 こんな立派な塔を建てるのだから,成金的な寺院かなと思っていたら,由緒正しいお寺なのでビックリしました。
 私の先祖のお墓もすぐ側にあるのですが,お寺の立派さは比べようもありません。

 仙台駅に着くと,駅周辺だけはすっかり七夕気分で,来週からの七夕祭りを先取りしていました。

 『考勝寺』の五重塔


 遠くから見ると良い,北山『輪王寺』の三重の塔


 定義如来『西方寺』の五重塔


 仙台駅の七夕飾り


 仙台駅の七夕飾り(その2)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 今日見た雲 “クジラ雲” | トップ | 『人工地盤』って言葉,知ってい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。