気ままな歳時記(その2)

気ままな歳時記の続編です。
Sonyα6000とSonyHX90Vで撮った写真で,気ままに毎日を綴って行きます。

『太平洋を旅したポスト』

2017-06-14 20:04:58 | 綺麗な蓋みっけ!
 私が知らなかっただけですが、“南三陸町歌津”の“セブンイレブン”前にあった「郵便ポスト」が、東日本大震災の津波で流され、遠くハワイを経由して沖縄の“西表島(いりおもてじま)”に流れ着いた(ルートは推定)という話は凄いなあと感じました。

 1年9ヶ月かけて流れ着いたようで、よく壊れずに、そして「セブン歌津」と書いたプレートも外れずにいたもので、2012年12月28日に発見されたそうです。

 今日は、山間の地域で防火水槽のマンホール蓋を見つけたのですが、黄色一色ですがとても綺麗な真新しい蓋だったので、写真を撮りました。

 『太平洋を旅したポスト』


 解説(その1)


 解説(その2)


 こんな物も設置されていました


 南三陸のマンホール蓋


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『マンホールカード』って、... | トップ | 南三陸町のビーグル犬 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流れ流されて (外野の住人)
2017-06-15 06:44:42
自分も知りませんでした
確かに、スゴい話ですよね
ポストといえども、相当重量があると思いますが、それが沈みもしないで、流れ着くんですからね〜。
我々の人生も浮き沈みして、どこに辿り着くのやら
re:流れ流されて (外野の住人) (nowhappy)
2017-06-15 06:55:02
 外野の住人さん、コメントありがとうございます。
 “我々の人生も浮き沈み”とは、上手いこと言いますね。
 学生まで、社会人の時代、そして死ぬまでと、いつでもいい人はいませんから、死ぬ直前に、まあまあの人生だったと言えるようなら良いですね。
 昨日は、岩手宮城内陸地震から9年目を迎えました。
 色々考えさせる一日でしたが、砂防ボランティアで、南三陸の急傾斜や土石流の危険区域の点検をしてきました。
早いな〜 (外野の住人)
2017-06-15 07:19:19
ボランティア、お疲れ様でした。m(__)m
当方は、本日皆さんにお手伝いいただくことになってました。
地震発生から早いものですね。
その後の東日本大震災での被害の大きさで記憶が薄れている感じもありますが、高齢化、過疎化、風評と問題は大きく、変わりつつありますね〜
いずれにしても、危機管理意識を持って、取り組まないと
re:早いな〜 (外野の住人) (nowhappy)
2017-06-15 20:48:01
 外野の住人さん、コメントありがとうございます。
 岩手宮城内陸地震があった平成20年6月から早いもので9年ですが、東日本大震災が起きたので、もっと昔のように感じますね。
 大災害が頻発する宮城県ですが、気を緩めずに過ごしたいと思います。

コメントを投稿

綺麗な蓋みっけ!」カテゴリの最新記事