気ままな歳時記(その2)

気ままな歳時記の続編です。
Sonyα6000とSonyHX90Vで撮った写真で,気ままに毎日を綴って行きます。

甲府駅前「小作」さんで『ほうとう』を頂く

2017-07-06 21:02:01 | ある日の麺食い
 山梨県人のソウルフードと言えば「鶏もつ」と「ほうとう」かなと思いますが、甲府で「ほうとう」と言えば、「小作」さんが有名ですので、鶏もつを頂いた後に、駅前にある店舗に早速向かいました。

 「ほうとう」は、数多くの野菜と太い麺に味噌味といった特徴がありますが、私が学生だった頃は、高級というイメージがあり(当時の昼飯の定食が400円くらいの時に「ほうとう」は800~900円)、4年間で4~5回しか食べたことがありませんでした。

 頼んだ「カボチャほうとう(1,080円)」は、“カボチャ”“じゃが芋”“里芋”“白菜”“ねぎ”“ごぼう”“にんじん”“しいたけ”などがこれでもかと言うくらい野菜が入っていました。

 芋系とカボチャに、太い麺と腹にズッシリくる具材が多くて、食べるのに苦労するほどボリュームがあり、大満足でした。

 「小作」さんの外観


 メニュー


 カボチャほうとう(1,080円)


 麺アップ


 カボチャと里芋
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲府の“とんかつ『力(りき)』... | トップ | 麺屋『斎虎』さん »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しさ満載 (外野の住人)
2017-07-07 06:30:48
「ほうとう」ですか〜
聞いてはいるものの、食べた記憶は……定かでは
暑い時期に食べるのは大変なイメージですが、たくさんの野菜を摂るという点ではですね
今回は食べ歩きの旅になったようですね
帰宅したら、体重計に載るのが怖かったりした
re:美味しさ満載 (外野の住人) (nowhappy)
2017-07-07 06:50:00
 外野の住人さん、コメントありがとうございます。
 確かに冬に食べるイメージは冬に食べる感じですが、店内は熱々のほうとうを食べる人でいっぱいでした。
 しかし、冷たいほうとうなる物もありました。
 今回は、東京、鎌倉と歩き回ったので、帰宅後はスッキリした感じで、その後も体調良しです。
なに〜!? (外野の住人)
2017-07-11 07:59:31
冷たいほうとうもあるのですか
でも、暖かいもは暖かいも状態でという固定概念がある自分には受け入れがたいものが……
でも、怖いもの見たさの好奇心もちょっとだけあったりして
re: なに〜!? (外野の住人) (nowhappy)
2017-07-11 20:28:48
 外野の住人さん、コメントありがとうございます。
 今思えば、冷たい「ほうとう」を食べても良かったなあと思いました。
 話は変わりますが、先週私は、家で「冷いおでん」を作りましたが、なかなか美味しく出来ました。

コメントを投稿

ある日の麺食い」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL