goo

ピーターラビット展

Bunkamuraミュージアムのに行ってきた。

東急本店に続く道がお祭りのために車が入れないようになっていた。ので、はじめて車道を歩いて行った(気が付かなかったけど、けっこう登っていたのねえ)。

展示物の多くは絵本の原画だったのだけど、本物を見て初めて知ること。

ち・・・ちっさい!

たしかに絵本が小さいのだから、さもありなん。ポターさんは子供でも持ちやすいよう、子供でも買えるように安くするために小さく作ったそうなので。

でもあの絵はすごく緻密だからそれはそれは凄いな~と。基本が写実的なので、動物が2本脚で立っていても違和感がない。

しかし絵が小さいので、近くから見ないとよく見えない。
ので、みんな絵に貼り付くから列がしっかりできてしまい・・・進まないorz
混雑をものともせずにじっくり見る方がいると、ほんとに1歩も進まないorz

少し入場制限した方が良いんじゃ?

頑張って見たけど、会場は保護のために少し暗くしているし、目が疲れた~

そして我が家で受けたのは、「ひげのサムエルのおはなし」。
ネズミのサムエルとアナ・マライアが子猫のトムを捕まえて、「ネコまきだんご」を作りかける話。
巻かれてるにゃんこの絵がシュールで。ちょっとうちのもふにゃんにも似ていた。
こういう、ちょっとブラックなところがまた好きなところで。

思わず帰ってからうちのにゃんこをフリースのひざ掛けで巻いてみた。
もふにゃんやのわにゃんは激しく抵抗するけど、むぎにゃんは
「なに?」
ってな感じで、ぼーっと巻かれている。
つくづく動じないにゃんこだ・・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 築地+ 猫巻き »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。