goo

ふたたび

水曜日のこと。ゲート大宮での遅沢先生代講クラス2回目にも潜入(笑)

粛々と進むそんなに複雑でもないバーレッスン(基礎・初級だし)。
今回はバランスで脚がつることもなく、安心していたのに、バーの終わる頃になってちょっと違和感orz
結局この日も派手にふくらはぎがつった orz 

つるのが気になってセンターは間違ってばかり(普段でもよく間違うけど)。
うかうかしていたら、センター後半になって急にレベルアップ!?

ぶりぜの連続(しかも右左まとめて)とか
最後はぴるえっとから足を降ろさずに、そのままふぇってに突入~とか。
・・・ふぇって・・・普段のゲートでもまずやらない。単体でも。
最後にやってから何十年!?なのに orz

個人的にはあんまりすっきりしなかったけど、途中実に鮮やかなぴるえっとのお手本があり、
思わず拍手が出たときの、遅沢先生の最高のドヤ顔が印象的(一番の収穫はそれか 笑)。

あと気になったのは、ウェアがローライズなのかちびTなのか、腕を上げるとお腹が見えちゃいまして。
(素肌です)
お母さんから「お腹は冷やしちゃダメ」と言われていただろうに、大丈夫なのかしらーと心配にもなった。もしかしてあれは
「ウェストはこれくらい細くなれ」
という、無言のアピールだったのであろうか・・・(厳しすぎる~)。

あ、あと、ぴるえっとの極意も。
軸足のかかとをなるべく残して、回る瞬間にかかとで勢いをつけると教えられるけど(そうなの?)、
かかとを残すのは結構難しいので、それよりは足の指を使う方が良い、
(指で床をつかんでひねる感じ?)
というものにゃった。・・・一部猫解釈入り

意識してみましょう。

お手本の先生が大きいと、分かり易いことも。身体の向きとか手足の方向とか。
ラインもきれいに見える(綺麗なんだってば)。


個人的に夜のクラスに出てみて分かったことは・・・
平日に出ると、土日に時間の余裕ができる(平日行って、土日も行くという考えはない^^;)
いつも夕食後ぐったりしていたのに、そんなこともしていられないので、生活リズムがすっきりする。
夜もよく眠れる。
でもレッスンではもれなく脚がつるので危険な上、びくびくしながらなので、やりとげ感がいまいち。
有休を使うので、頻繁には無理(吉祥寺ならギリ、間に合うかなあ・・・時間的余裕がないと余計に危険だし・・・)

良し悪しですにゃー。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ちょっと休憩 ミュシャ展 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。