goo

定年女子

すでに2回目の放映が終わっているけど^^; 見てます。NHKドラマ「定年女子」。

・・・年代的にはどんぴしゃ(古い表現!)なのだけど、主人公のように会社でバリバリ働いているわけではないし、旦那の親とも疎遠だし、娘もいないし、あまり共感できるところがない。

でも1つ言えるのは、たぶん麻子さんのよーなポジションにいたとしても、仕事の仲間を呼び捨てにはしないだろうな、ということ。
食品事業部で唯一まともに接してくれた人も、結局最後まで「部下」と呼んでるところに進歩がないし、問題の根深さが表れている気が。

いろいろなタイプの女性が登場するけど、誰に一番近いかなあ・・・
興味深いのは時子さんかな。

でもって、ドラマの中でもひときわミステリアスなのが丈太郎さん。
脚本家がアテ書きをしたというけど、まあ、ホントにファンイベントで目にするやまぐちさんそのものという感じ(笑)。でも普通にオフィスでシゴトしたことなんて、殆どないのだろうから、あれも仮想のやまぐちさんでしょう。そのせいかまともにシゴトしているシーンはないな^^;
バブルの頃ならまだしも、あーいう人がやっていける会社って凄い(仮想なんだってば)。

で、凄かったことといえば、番宣番組(「ごごナマ」)に出たときのやまぐちさん!
久々に暴走するやまぐちさんを見たな~~。NHKアナウンサーの重鎮(という話も)阿部渉さんを何度も平謝りさせるという事態が。
局側が失礼なのか、やまぐちさんが細かいことを流さない性格だからか、よくわからないけど。
MCに船越さん、主人公が南さんじゃ同席するだけでも消耗しそうな番組。なんてタイミングなんでしょ。

あれがやまぐちさん的サービスというか、「もー大変っ!大変だったんだから~!」という心の叫びが聞こえた気がしないでもない往年ファン(笑)

それにしても、このドラマ
「いつまでも働け」っていうテーマじゃないでしょうね?
わたしゃ30代の頃から「ご隠居」にあこがれているんだから(笑)

あ、猫的ツボはスマホ?を操作するやまぐちさんが見れたこと。
そして見せてくれた写真が・・・ほんとに還暦過ぎてますか?というようなお姿(まるで夏休みの小学生)だったこと^^
なんか私もまだまだ行けそうだわ、と思えた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« その後のゲート よく働いた »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。