むっちゃんのパットはパパっと

シングル目指すサラリーマンの気まぐれゴルフブログ

球を操る

2017-02-01 10:40:37 | スライス

握りは同じってこと。





親指の乗せ方でコントロール出来るっていう考え方。

どうしても曲がりが止まらない、そんな状況でここを見直すといいかも。


振り方ばかりをラウンドに修正すると、迷宮入りして戻れない事態にならないように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンドファースト

2017-01-06 20:06:36 | スライス

アイアンの距離がみな同じ。
ドライバーが高い球だけど飛ばない。




どんなクラブでもインパクトはハンドファーストでいい。


特に初心者はスライスに悩むと、この症状に陥ることが多い。

突っ込むインパクトとも紙一重。


理想インパクトを型で作って、実際のインパクトを動画で見てみる。

自分にがっかりすることも覚悟の上で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左足下がり

2017-01-05 17:34:27 | スライス

一番難しいライって言われる。




左足下がり。

これが打てると、スライスの原因がわかってくる。

振りすぎないこと、球にアジャストすることをイメージする。


ラウンド中、左足下がりになったら思い出せるといいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョロ続き

2016-11-15 08:39:30 | スライス

ラウンド中に続く事がある。





シャンクにも似た現象。
調子が良い時に陥る感じ。

当ててやろうと思わず振ること。


結果の意識が右肩を突っ込ませている。





秋のゴルフシーズンなのに、なかなかラウンドに行けないもどかしさ。

冬ももうすぐってことで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右の腰

2016-04-08 07:54:24 | スライス

右腰、右肩の位置。

ドライバーは良い日に、アイアンが良くなかった。

そんな日の原因はこれ。





ドライバーの残像が強すぎて、アドレスから右肩と右腰を傾けてしまう。

理想は画像の様に、ベルトラインが水平にインパクトできること。


スライス修正、ダフり撲滅の特効薬にもなる。

【一日中続けることが大事】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加