農文館2

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

手強いホタルイと稲もどきの田んぼ

2017-06-20 13:52:57 | 日記
 先先週に続いて田んぼの雑草取りをするのは、今日6月20日を入れて4日目、一枚の田んぼ全部の草取りを1回分とするなら実質2.5回になります。田んぼの雑草は種類も豊富で、年によって主人公になるのは違いますが、昨年来大きな顔をし始めているのがホタルイです。
 これまで草取りは二条式の手押しの除草機を中心に、一条式の手押しとそれに手取りを加えてやってきていますが、草からめ取り型の一条式に対して、二条式は雑草を土の中に埋め込むことを目的としているため、ホタルイのように背丈の伸び具合の早い雑草は、なかなか完全には埋め込み難く、今回の草取りは結構難儀をしています。さらに加えて昨日今日、先週の草取りから1週間、新たに“稲もどき”の雑草がそこかしこ急に顔を出してきたことで、今さらながら、田んぼの雑草の手強さを足腰に感じています。

 閑話休題、戦後の復興を支えた地方出の“金の卵”世代、彼らの両親も彼らも、除草農薬に頼らす、と言うよりか知らぬまま、手押しの除草機か手取りで雑草取りをしていたに違いなく、それこそが彼らの忍耐力と進取の気性を培い、日本の工業化、GDPの拡大に貢献していたことを、経済学的に反芻もしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 権力の「機関紙」化を批判す... | トップ | 地域社会の再生と文化芸術―経... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。