農文館2

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「人間の存在は生きていた長さではない」

2016-12-31 13:18:27 | 日記
美術館の仕事納めの前日の12月24日、松本の井上百貨店で行われた「須藤康花展」について放映された長野放送TVを見て来館された40代の男性と女性がいました。一時間余ご覧になり、最後にお二人は「感動した。来て良かった。又来ます。」と口を揃えてお帰りになりました。康花とほぼ同世代の方の感想でしたのでことのほか嬉しく思っていたところ、後で『感想ノート』を見ると、それ以上の言葉が残されていました。

「闇の奥に進んで行った先の光の中にはどんな風景が待っているのだろう。康花さんはその先の<光の中>に辿り着いた打と思う。そこは<最果て>のような無限に広がる不思議な世界なのだろうか?
画力のすばらしさもさることながら,ご自身の死生観を反映させた作品の数々は観るものの心を動かします。」 男性H

「康花さんの絵を見ていると、人間の存在は生きていた長さではない、そうおもいました。康花さんよりあたえられたものは、誰よりも強く、深く心に届き私の中でずーっと存在していくでしょう。」 女性H.Y.

その前々日の23日,一円玉や五円玉を含めてお財布から探るようにして,二人分千円を出してくれた20代と思しきアメリカ人の青年と女性も、帰りしな「素晴らしかった。きてよかった。」と、予想だにしなかった言葉をプレゼントしていってくれました。ショパンの生涯と康花の作品と重ね合わせながら感想を書いてくれた信大医学部の男子学生、孤独な青春時代を過ごしたことによって、普通の人とは違う風景を見ることができたことに感謝しながら、康花の作品と向き合っていた30前後の女性歌人、井上百貨店での個展以降、来館してくださる若い方は僅かでしたが、それでも心のこもった康花の作品との交流には人一倍励まされ勇気づけられました。今年も有難うございました。新しい年もよろしくお願い致します。 2016年12月31日 須藤正親
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脱原発の思想」井野論文を... | トップ | 井野論文読後雑感(1)サル... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。