梅木よしてる徒然日記

梅木良照の地域活動、エコ活動及び行政書士の仕事などで感じたこと、日々の思いを綴ります。

富士山も一歩一歩!!

2017-01-31 09:08:06 | Weblog




富士山も、一歩一歩、歩を進めることで初めて頂を極めることができるように、何事かを成すには、いま・ここで踏み出す一歩一歩が大切

平井正修(臨済宗国泰寺派全生庵 住職)


先日正月だったようなのに1月も今日限り、
元旦に立てた計画も目標も三日坊主になってはいないだろうか?

再確認しなくちゃ!

亀の歩みでもノロノロ運転でもいいじゃない。

少しずつでも前進前進!


桜の花の便りを聞くのも、すぐそこです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれも年金!これも年金!!

2017-01-23 15:34:22 | Weblog



オバマ様
8年間アメリカ大統領ご苦労様でした。

あなた様の年金が年間2,400万円、
それに、シークレットサービス
による身辺警護付き。
事務所経費、旅費は税金から手当・・・。

妻と私は皆さんと同じように年金生活・・・・です。

同じように年金生活と言われても????

日本の国民年金だと20歳から60歳まで掛けて
780,100円(平成28年価格)
月65,000円厳しいですね。

夫婦二人が元気なので、何とかぎりぎりやっています。
そんなお話をよく聞きます。

生活保護との比較を聞かされることも多くなりました。

一生懸命年金を掛けたものより、はるかに多い生活保護費
せめて、生活保護費以上の年金を支給できる社会を望みます。

今日の来客者、公務員37年で月20万円をはるかに切っています
とのこと。

年金もらって悠悠自適の生活は
描けなくなってきましたね。


でも、年金はかけておきましょう。
ある財閥が、年金掛けなくても困らないと豪語、
晩年に自己破産、年金もなく、哀れな最期を送られた
そんなお話もお聞きしました。

訪問は、大半が年配のお宅なので、いろいろ勉強させてもらっています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の花、しだれ雪!! 横綱か?稀勢の里。

2017-01-23 12:52:22 | Weblog



久しぶりの雪、しだれ桜はまだまだ当分咲きませんが、しだれ雪です。

土曜日、日曜日だと雪見酒と・・楽しみもあったろうに

見るのはいいのですが?

雪の中の出勤はつらいです。

明日朝の方が、凍って大変そうです。

時差出勤、緩んでからにします。


あまり見ない相撲ですが、土曜日・日曜日は相撲放送楽しみました。

19年ぶりの日本人横綱誕生でしょうか?

海老蔵さんのブログでは、一回の優勝で横綱は??
ですが、昨年の年間最多勝、優勝こそなかったが
ここ数場所の充実ぶり、評価してください。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

除夜の鐘!煩悩を祓い!

2017-01-01 00:41:35 | Weblog


除夜の鐘をつかせていただき煩悩を祓ってまいりました。

煩悩が多すぎて払いきれなかったかもしれませんが、
なんとなく気持ちがすっきり、新しい年を迎えれます、

「どんな困難や逆境も、逃げずに立ち向かえば自分を育んでくれる友達になる」

済んで見れば、楽しい思い出であり、困難や逆境こそが人生に厚みを与えてくれます。

逆境ばかりを歩んでいる私の自己満足でしょうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年頭のあいさつ!!

2016-12-31 22:02:29 | Weblog



少し早いですが
除夜の鐘をつきに行ってまいります
ので早めに新年のあいさつです

昨年は大変お世話になりました

年賀状も年末ぎりぎりの投函
元旦に届くだろうか?

毎年なのに、もっと計画的にできない
ものかと反省しております。

また、名簿の整理も不十分です
沢山の喪中はがきの整理も不十分
失礼があるかもしれません

その節はご容赦くださいますよう
お願いいたします

昨年もいろいろ目標を立てましたが
何とか完遂できたものもありますが
大半は中途半端になっています

まずは昨年取り組んだものの完遂
そして 新目標の取り組み

あせらず、くさらず、おごらずに目の前のことを
コツコツやることが大事と感じているところです

新年にあたり高い目標を掲げることは当然大切だが、
頭の頂上ばかりを見ていては、姿勢が崩れ足もとが疎かになる。

大事なのは、一歩一歩の歩みだ。
一歩前へ、一歩前へと着実に歩を進めていれば、

たとえ四十九曲がりの山道であろうと、
「真っ直ぐ」に進めよう


横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)


素晴らしい言霊です
肝に銘じて新年の指針とします

年賀状欠礼している方お許しを
ここで年賀状投稿し挨拶申し上げます

***********************
謹賀新年
昨年は大変お世話になりました
本年もよろしくお願いいたします
            平成29年元旦


年末は毎日SMAPの解散 紅白歌合戦出場があるや否や・・と賑わいました 結局出場は叶いませんでしたがグループが歌った「世界で一つだけの花」いいですね 

坂村真民先生も「悟りとは/自分の花を/咲かせることだ/どんな小さい/花でもいい/誰のものでもない/独自の花を/咲かせることだ」と・・・

苦しくて、しんどいと思うときこそ一番伸びるとき
今年も笑顔で素晴らしい年にしましょう

************************

それでは、あなた様に幸多かれと祈念致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通行止め解除 !! 

2016-12-02 16:30:50 | Weblog

まだ見えます紅葉!!

本年7月1日の落石により通行止めの県道が、本日正午より解除されました。
まる、5か月、う回路通行を余儀なくされていました。

う回路は道幅も狭く、ジェットコースターのような、上り坂下り坂があり、
しかも20分以上余分に時間もかかり苦労しました。

当初は12月28日に開通とのことでしたが、一か月近く早く完成させていただきました。
愛媛県、請負業者その他関係者に感謝です。

今朝は、まだう回路通行しましたが、これでこの道を通らなくていいのかと思うと、
なんとなく名残惜しい気もしました。

今朝は、ウリボウ3頭が道案内するかのように、先導してくれました。

う回路通行中、サル、イノシシ、ウサギ、リス、タヌキなどにも、うるさがられましたが、
今日からは、彼らも、羽を伸ばして落ち着いて眠れることでしょう。

う回路周辺の皆様にも、日ごろ静かなのに、一生分の車が行き来し、ご不便をおかけしたかもしれません。
ありがとうございました。

今日は、開通した道通れる喜びを味わい、自宅で祝宴!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活 番外!仏心 主人公!

2016-11-21 11:42:27 | Weblog

縁あって、寺総代を務めています。

地域で寺総代の役は、天国に近い人が務めるものと冗談にしていましたが、
その役が回ってきてしまいました。
しかも、20年近く前です。

その後、交代して頂く人もなく、住職が同級生ということで今にもって務めています。

そんな関係で、年に数回は高僧のお話を聞く機会もあり、自然に仏教、祖先を敬うことに
関心を持つことになりました。

終活にも関心を持ってきました。
年でしょうか?
でしょうね。

横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)の仏心、主人公のお話です・・・・。

::::::::::::::::::

横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)

先年老師(田中芳州老師)の七回忌の法要が相国寺の僧堂で行われて参列させていただいた。その折に、老師の語録をいただいた。拝見してみると、その中に「主人公」について実に分かりやすく説かれていて感銘を受けた。

・  ・  ・  ・

「この身に地位、名誉、財産、学歴、男女などに汚れない『主人公』がいる。あなたにも、誰の中にも、その人の「主人公」がまぎれもなく住んでいる。彼が私が善いことをした時には、私の心の底から喜びを与えてくれる。彼が私が悪いことをした時には、私の心に動揺と反省を与えてくれる。
 
誰も観ていないと思っていても、いつもどこでも私の心と行動を観ている。周りの人々の言葉に惑わされず、心静かで確かな目を持って見つめている。彼は選り好みをせず全てを平等に扱い、自分を忘れて人々の幸福を心より願う。他人の喜びを妬まず我が喜びとして喜び、他人の苦しみ悲しみを我が苦として思い、常に穏やかな表情にて相手を思いやり、その言葉は心から愛情を込めて対話す。

彼は自分を偽らず、悲しい時には素直に涙し、嬉しい時には心の底から喜び、怒るべき時には晴天の雷のごとく、雷鳴の後は雲一つなく和らいだ光を放つ。
 
そういう『主人公』に出会えた時、人は歓喜し『悟りを得た』というのです。私たちの本当の宝は、何者にも奪われないものです。だから私の宝は、あなたの宝にはなり得ない……」

・  ・  ・  ・

とある高等学校の体育館で行われた法話の原稿らしいので、高校生に話されたのであろうか。老師は、修行一筋の方であったので、こんなにも分かりやすい言葉を残されていたことには驚いた。同時に老師の慈悲心に打たれた。

「主人公」とは、本来もって生まれた心であり、お釈迦様の説かれた「仏心」にほかならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉 もう間もなく終わりかも!!

2016-11-20 21:00:05 | Weblog

紅葉も間もなく終わりそう。


美しい時期の終わりは早い!







冬の支度をはじめる時期かも!!

車もスタッドレスに履き替え無いと!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活 Ⅲ

2016-11-15 16:45:36 | Weblog




 日本の四季は、春、夏、秋、冬がはっきりしていて、素晴らしいといわれていますが、今年はことのほか暑い夏が続き、さわやかな秋を迎えたかと思いきや、早、冬が来た様です。

 秋の一日、世羅 秋の花まつりに行く機会がありました。



バスツアー、乗ってみて驚き、男性は数人、大半がそこそこお年を召したご婦人でした。

小さくなって、最後尾で、聞くともなく、会話を拝聴すると、本当に楽しい日々を送られている様子がありありとうかがえました。

ご主人を亡くされ、最初は早く迎えに来てほしいと、仏壇の位牌に手を合わされていたようですが、今では当分迎えに来てほしくないと祈っているそうです・・・・。

元気ハツラツ、行きも帰りも止まることのない会話、よく話題があるもの感心しました。

これからしても、男性が少し早く就活を始める必要がありそうですね。

この世で迷惑をかけたお詫びに、しっかり就活をし、奥さんの楽しい日々を、あの世から応援しましょうか。
 
さて、就活の効果は
 1・慌てなくてすむ
 2・後悔が少ない
 3・医療者や介護者に自分の意思を知ってもらえる
 4・これからの生き方が明確になり不安が減る
 5・これからの経済的めどが立つ
 6・家族も「もしもの時の」準備ができる
 7・しきたりや家族のルーツなどの申し送りができる

家族への思いもさることながら、自分にとっても、今後の人生をよりよく生きるための指針になりますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活 Ⅱ

2016-11-14 22:25:10 | Weblog


終活 Ⅱ
 
 終活は、簡単に言えば、人生の最後に備えて「老い支度・死に支度」をしておくことで、早めに準備しておけば「もしも」のとき慌てなくてすみます。
 
人生の最後のことなど考えられないと思っている人が大半です。

しかし、人生の最後は必ず100%あなたにもやってきます。
遅いか早いかだけです。

それならば元気で働けるうちに「終活」を始めることが大切です。
行政書士を職にしているので、いろんな事案に巡り合います。

大半の家庭でご主人が不動産、預貯金、株券、保険の加入などの手続きをされており、ご主人がなくなると、残された方が途方に暮れておられるのも事実です。

こんな場合に、エンディングノートをつけておかれたら、相続人がどんなにか助かることやらと思ったことが沢山あります。

日本の社会が長寿化、核家族化、少子化、選択肢の多様化、マネー主義の世の中になり、自分が望む人生の最後を迎えるための気持ちの整理と準備が必要になってきました。
終活には
自分が死ぬまでのこと
1.今までの自分の振り返ることからの生き方プランニング
2.医療の希望
3.介護の希望
4.お金やモノの整理
5.遺言書・家族へのメッセ―ジの作成

自分が死んでからのこと
1.葬儀
2.埋葬
3.死後に必要な事務手続き
4.ペットの養子縁組
5. 財産の振り分け・相続税の申告

これらのことを伝えるには、気力・体力・判断力が充実している今が終活を始める理想のタイミングです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加