年を重ねただけでは人は老いず、止まらぬ探究心・人生への喜びと興味・希望ある限り人の若さは失われる事はないだろう。




いよいよ枇杷のシーズンになって、ともさんちのお隣の枇杷の木に実が鈴なりだよ、もう随分前になるが、この枇杷の木の実が美味しくて、その種を育てたのが我が家の枇杷の木なんだ
       
ご近所にこの大きな枇杷の木が3本あって、どの木も今年は実が大豊作だよ、こんなに沢山実がなったのは初めてだ、何故かこんなに沢山実がなると野鳥も遠慮して、とりに来ていないようだ
       
3本の木のうち2本は空き家になっている家の木で、遠くにいる持ち主の方は、全然取り入れに来ないよ、また残りの1本も、高齢の女性が一人住まいのお家の木で、これも殆ど取り入れられないので、そのうちに朽ちて落下するのみだろう
       
肝心のともさんちの枇杷の実は、今年は袋掛けして収穫を楽しみにしていたのだが、取り入れ時期を誤って、散々な結果になっちゃたよ、例年お隣のびわの木を参考に取り入れていたのだが、袋掛けをした枇杷の実は、袋の中が暖かくなるので、自然物より1週間~10日早く取り入れなければならないのを、すっかり忘れてしまっていたんだ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« えんどう豆 長命寺のあじさい »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。