Tobacco Control Reference

科学論文の関連資料を掲載

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帝京大学への公開質問状

2006-05-07 14:25:44 | 公益通報者保護法に基づく公益通報
Sono IH (Kobe, Hyogo). An open inquiry was sent to Mr. Eiji Yano, Teikyo University.

English Here


2003年4月11日

帝京大学学長 
冲永佳史 様


医師 薗はじめ

British Medical Journal矢野栄二氏の記事に関する要望

私は神戸市で医師として勤務する薗はじめと申します。帝京大学の矢野栄二氏に関して質問させていただきます。
 2002年 タバコ産業による受動喫煙の害を隠すプロジェクトを非難する記事が、 英国の医学誌BMJ、インディペンダント紙、反タバコ団体ASHやTobacco Free KidsのHP等に掲載されました。このプロジェクトには2人の日本人(矢野榮二氏1)、香川順氏2))が関与していたことが明らかにされました。(1)帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教授 2)東京女子医科大学衛生学公衆衛生学教授)
海外のタバコ会議で面識があり、メールでも交流を続けている海外の喫煙対策の専門家からも、「BMJを読んだか。日本にも、タバコ会社に加担している学者がいるようで、残念だ。そういう学者は恥じるべきだ」というメールが続々と届いております。もし、本当ならば、たいへんに残念です。
このBMJの記事の内容は本当でしょうか。世界的にも権威ある雑誌ですから、いいかげんなことは載せないと思いますが、タバコ会社に関わった人が内部告発を決意したとき、不当に陥れられる事例は、映画『インサイダー』にも描かれた元タバコ会社の副社長ジェフェリー・ワイガントさんや、ニコチン依存の研究者ビクター・デノーブルさんの例からも明らかです。矢野栄二氏は、陥れられたのでしょうか。それとも、これらの記事に書かれているように積極的にこのプロジェクトに加担したのでしょうか。
 矢野氏がプロジェクトに関わったという1991年以降も、受動喫煙により多くの人命が奪われており、その数は日本だけで5万人に達すると考えられております。受動喫煙対策の遅れは、阿部英・元副学長も関与したとされる薬害エイズ事件をはるかに上回る甚大な被害をもたらし続けています
 こうした被害の大きさと、自ら犯している行為がもたらす結果の重大性を専門家として十分認識しているにも関わらず、単に金銭目的で、タバコ産業の保身に加担し、「受動喫煙が肺癌の原因になる」という平山雄博士の世界的な発見を否定し、タバコ対策を遅らせたのだとしたら、大学としても歴史に残る重大な汚点です。
 そこで、帝京大学学長、医学部長、および、事件を起こした矢野栄二氏にお願いがあります。
1)受動喫煙に関する裁判において、矢野氏に要請があった場合、矢野氏が提案したプロジェクトについて全て証言してください。受動喫煙の害を否定するプロジェクトにより全ての分煙訴訟が敗訴となり、喫煙対策推進の上で大きな障害になっています。大阪地方裁判所において受動喫煙の害を認める証言をお願いいたします。
 2)タバコ産業、香川順氏、春日斉氏を含むプロジェクトの関係者に、受動喫煙の害を隠すプロジェクトを1日も早く終了させるよう進言して下さい。
 3)BMJの記事についてBMJに何らかのコメントを掲載してください。
 4)もし矢野氏が、このプロジェクトに加担し、重大な罪を犯したとしても、矢野氏には、世界中の人のためにできることがひとつあります。それは、矢野氏がタバコ会社のすべてを包み隠さず、世界中に暴露することです。元タバコ会社の副社長ジェフェリー・ワイガントさんや、タバコ会社の科学者だったビクター・デノーブルさんのように、タバコ会社がなにをしたのか、矢野氏が真実を語ることが、計り知れないほど、たくさんの人の命を救うのです。どうか、タバコ会社の行ったことをすべて証言してください。
 
この疑惑に対して、大学としてもしっかり対応してくださいますよう、どうか、よろしくお願い申し上げます。
                   
                     以上


出典:渡辺文学.禁煙ジャーナル 2003年

引用:This article was cited by tobacco control.
   http://tc.bmjjournals.com/
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝京大学への公開質問状 | トップ | 帝京大学 沖永佳史学長 親展 »

あわせて読む