Tobacco Control Reference

科学論文の関連資料を掲載

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帝京大学 沖永佳史学長 親展

2006-05-10 10:48:43 | 公益通報者保護法に基づく公益通報
English Here

帝京大学 沖永佳史学長 親展

私は山岡雅顕と申します。

1月27日に貴大学にお送りした「矢野英二教授がタバコ産業の資金援助を受けて受動喫煙の害を否定する論文に関わった疑い」についての事実確認のメールに対して、同日矢野教授本人からメールがありました。矢野教授はまったく関わりがないとの回答でした。

しかしながら、タバコ産業によって作成された論文に記載されている300人の日本人女性の調査には、矢野教授が携わり、タバコ産業の研究者にサンプルを送付したことやそのデータの内容が記載された文書を入手しました。

下記ホームページに、タバコ産業による受動喫煙の害を隠す研究について完成した論文(これはリンクです)と矢野教授がサンプルを送ったことなどが記載されている文書を掲載しました。ご確認下さい。

http://www.medianetjapan.com/2/15/lifestyle/nosmoke/

帝京大学から、論文を作成したタバコ会社やLee氏、Proctor氏などに、矢野教授がこの文書に書かれているように実際に関与したのかどうか確かめて頂きたく存じます。

矢野教授が上記文書にあるように、この研究に実際に関与していたならば、最終文書において現にそうであるように、名前が表に出ないようにされていたはずです。なぜなら、公衆衛生に関わる研究者がタバコ産業による受動喫煙の害を否定する研究に関わっていたことが判明すれば研究者として致命的であるからでしょう。ですから、本件に関して本人に確認してもどんな証拠が出ようが否定するのは当たり前です。

このことがわかっていてもなお、当人に対応を任せておられていては、薬害エイズの二の舞になるのではないでしょうか。

帝京大学の真摯なる対応について、貴大学の良心に問いたいと思います。すでに取材などがあったかもしれませんが、本件は時期が時期だけにマスコミ関係者も興味を示すでしょう。

繰り返しますが、矢野教授には決して回答を任せず、帝京大学自身で真実を明らかにして頂きたく、お願い申し上げます。

タバコ産業の論文や文書において、まったくでたらめに矢野教授や香川教授の名前が使われているのなら、早急にBMJの当該論文を含めて対応をお願いしたいと思います。

このままでは矢野教授と帝京大学に対する疑惑はますます募るだけです。矢野教授、帝京大学、香川教授、東京女子医大の名がBMJを初めとしてタバコ産業に協力した名前として世界に晒され続けることに何も感じないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

山岡雅顕

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝京大学への公開質問状 | トップ | 医学者はタバコ事件で何をしてき... »

あわせて読む