エントロピーを増やしつつ

ある人には当たり前、ある人には意外なことを、不定期に綴ってゆこうかな。
写真を多用する見栄えの良さはありません。

自作の諺、言い回し 泥まみれは野蛮人

2017年07月16日 23時07分15秒 | にほんご見聞録
泥まみれは野蛮人

 善悪の判断を誤ること。特に、加害者と被害者を、逆に判断すること。
 蹴り倒した者は、涼しい顔であるから、高級な文明人。
 蹴り倒された者は、泥まみれで、苦しい顔で立ち上がるから、野蛮人。
 二人が並んでいるのを見ると、蹴り倒した者を善人、泥まみれの者を悪人と判断する。
 この、誤った判断が、絶望となるのは、どんな場面か。あれこれ、思い浮かぶのではありませんか?
 泥まみれなら、「何か、悪いことをするだろう」と監視される。公共の場所(交通機関、映画館、博物館など)で嫌われるのは当然、コンビニに行っても冷たくされるので、人間ではない自動販売機だけを相手にする。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« sfは音符に付く | トップ | ソフトbomb »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

にほんご見聞録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。