エントロピーを増やしつつ

ある人には当たり前、ある人には意外なことを、不定期に綴ってゆこうかな。
写真を多用する見栄えの良さはありません。

12月24日はクリスマスイブじゃない

2016年12月24日 19時14分46秒 | にほんご見聞録
 子供の頃に、「12月24日はクリスマスイブ」「12月25日はクリスマス当日」と教わって、どうやら周囲の人も、同じ認識のようです。
 ところが、12月24日はクリスマスとは関係ないそうです。
 日付の区切りは、現在では深夜の0時ですが、以前は日没でした。日没が「一日の終わり」であり、即ち「一日の始まり」です。
 日没からクリスマスの「12月25日」が始まります。「イブ」は「前半」で、「クリスマスイブ」は「クリスマスの日の前半」です。
 クリスマスに限らず、イベントでは「前夜祭」が行われることがあります。もしかすると、前夜祭はイブの風習の名残りなのかもと思いましたが、昔はイブにお祭りを行う風習があったのかは知りません。

 そうそう、日没で一日が終わるのですから、12月25日の日没で、クリスマスは終わるのです。
 世間的なイベントではない普通の日でも、楽しみたいですね。イベントのために用意する日も楽しいですし。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自作の諺、言い回し 三人菩... | トップ | 地球滅亡後も生き残る、選ば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

にほんご見聞録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。