エントロピーを増やしつつ

ある人には当たり前、ある人には意外なことを、不定期に綴ってゆこうかな。
写真を多用する見栄えの良さはありません。

カレンダーにはジョーカー

2016年10月11日 00時48分46秒 | かがくの休日前夜
 トランプの成り立ちの歴史は知りませんが、トランプとカレンダーには、不思議な繋がりがあります。

 テレビ番組では、13週間で1クールという区切りがあります。トランプは、1つのマークで13枚です。
 13週間を4回の52週間で、1年です。トランプも52枚です。
 1週間は7日なので、「7日×52週=364日」です。ここに、ジョーカーの1枚を加えると、365日になります。
 ゲームでは、時々、ジョーカーを2枚使うことがあります。1年間の日数も、時々366日の閏年になります。

 トランプには、数字が書かれています。「1~13」です。これを全部足してみます。
「1+2+3+……+12+13=91」です。
 1つのマークで「91」なので、4つのマークでは「91×4=364」です。これに、ジョーカーの1枚を加えると、365日になります。

 トランプの数字を全部足した「364」をバラバラにして足すと、「3+6+4=13」で、1つのマークの枚数になります。

「364」を割り切れる数は、「1」「2」「4」「7」「13」「14」「26」「28」「52」「91」「182」「364」の12種類で、1年間の月数と同じです。

 アルファベットは26文字です。「1~26」を、全部足すと「1+2+3+……+25+26=351」です。
 これに、1つのマークの13を足すと、「351+13=364」です。これに、ジョーカーの1枚を加えると、365日になります。

 トランプに使われているアルファベットは、「A」「J」「Q」「K」です。
「A」はアルファベットの1番目、「J」は10番目、「Q」は17番目、「K」は11番目です。
 これを足すと、「1+10+17+11=39」です。
 1つのマークで、人物が描かれているのは3人なので、「39÷3=13」で、1つのマークの枚数になります。
 逆に、「39」に、1つのマークの枚数を足すと、「39+13=52」で、1年間の週の数になります。

 アルファベットの「1~26」を全部足した「351」から、数字の代わりに使われている「1番目のA」「10番目のJ」「17番目のQ」「11番目のK」を引くと、「351-1-10-17-11=312」です。
 ここに、1年間の週の数を足すと、「312+52=364」です。

 人物を表す「jack」「queen」「king」のスペルの文字数は13で、1つのマークの枚数です。

 トランプの数字は「1~13」で、その中央の「7」は、1週間の日数です。

 こじつけもありますが。

【資料】
書籍:
読むクスリ(11) 人間関係のストレス解消に
上前淳一郎 著
文春文庫
文藝春秋社

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英雄になろう | トップ | 容疑者のオカマちゃん逃走中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。