エントロピーを増やしつつ

ある人には当たり前、ある人には意外なことを、不定期に綴ってゆこうかな。
写真を多用する見栄えの良さはありません。

地震雲なんて非科学的か

2017年01月04日 22時47分51秒 | かがくの休日前夜
 科学的な情報にも興味がある私は、地震予知の「地震雲」にも興味があります。
 一般新聞、バラエティ風ニュース番組、科学雑誌など、科学情報の扱いは、千差万別です。
 地震雲に期待しているのですが、「立証ができない」「再現性、確実性が乏しい」といった理由から、科学とは認められず、研究の後押しが少ないという話を聞きました。
 例として地震雲を挙げましたが、世にあるどの研究が科学的な立証を目指しているのか、どの研究が科学的を標榜したデタラメなのか、私には判断できません。

 医療では、輸血が行われます。現在は、占いでも使われる血液型だけでなく、様々な血液の特性が考慮されています。ところが、当初は、輸血でうまくいく行く場合と、輸血で死んでしまう場合がありました。というのは、失血を補うために輸血が有用であることは理屈として正しいとしても、血液型があることを知らない時代があったのです。
 必ずしも、輸血が有用とは限らないからと、「輸血は非科学的」「医療とは無関係の、気休め」として研究を行わなかったら、現在の医療は実現していなかったでしょう。
 もしかすると、地震雲を含めた地震予知研究だけでなく、お婆ちゃんの知恵袋なども、「必ずしも、そうなるとは限らない」の理由は、血液型のように「タイプが違うから」なのかも知れませんよ。

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常識で笑いたい | トップ | 日本人は、頑張りと死がセット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かがくの休日前夜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。