鎌倉への付箋

筆者が散策中に記憶に留めた鎌倉へ付箋の数々を紹介する写真ブログ。
皆さんの次回鎌倉訪問の参考にして頂けたら幸いです。

浄光明寺で出会った品 『特別展 武家のみやこ“鎌倉の仏像 ” 迫真とエキゾチシズム』の図録

2017年05月01日 | 寺社・名所史蹟

浄光明寺の重要文化財・阿弥陀三尊は、
現在は阿弥陀堂横の近代的な防火等の収蔵庫機能を持った堂に安置されている。 


ここの木造阿弥陀如来と両脇侍坐像は、
鎌倉特有の土紋装飾を施したもので有名だけれどもこの中は写真撮影は禁止。


大変美しい姿は目に焼き付けなくてはならない。そんな時に目に留まったのが、
閲覧用に入口に置かれたこの堂内の観世音菩薩が載った本。



調べてみると、2014年に奈良国立博物館で開催された企画展『特別展 武家のみやこ“鎌倉の仏像 ” 迫真とエキゾチシズム』の図録のようだ。
この本に私と同じく興味を示していた御仁と「どこかで入手出来たら いいですね。」と言って別れた。

 

帰宅してネット中古本屋を検索するもなかなかヒットしない。「鎌倉の仏像」は色々とあるのだけどどれも違う。


ダメ元で「特別展 武家のみやこ ・・・・」で検索すると・・ピンポ~ン♪ 見つかりました。
兵庫県の本屋さんです。早速取り寄せ。
状態もよく少し安めに入手できて大満足の買い物だった。

 

 

あの御仁は入手できただろうか。
この図録は鎌倉市内の主要な仏像が美しい写真で纏められています。
機会があったらみなさまも是非。

 




ブロトピ:今日の写真日記


ブロトピ:記事 - 日本の風景・伝統

仲間と運営中のFacebookページ
【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。

 

ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕暮れと三日月と 稲村ヶ崎 | トップ | 輝く葉山の磯 真名瀬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL