鎌倉への付箋

筆者が散策中に記憶に留めた鎌倉へ付箋の数々を紹介する写真ブログ。
皆さんの次回鎌倉訪問の参考にして頂けたら幸いです。

小寒 花笑み 鶴岡八幡宮 宝戒寺

2017年01月17日 | 草花

 

寒の入りですが鶴岡八幡宮 源氏池畔では梅が綺麗です。
 


宝戒寺さんはスイセンが。梅は未だです。


 

 

週末からは大寒。春が待ち遠しいですね。
 




 

ブロトピ:記事 - 日本の風景・伝統

ブロトピ:今日の写真日記

仲間と運営中のFacebookページ
【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉とを結ぶ 金沢八景

2017年01月16日 | 街角スケッチ

ここは横浜市。
京急の金沢八景駅を降りると眼前に広がる平潟湾。 



その平潟湾に浮かぶのが琵琶島神社。
北条政子が琵琶湖の竹生島から勧請した弁天を祀っています。

 


以前は浮かぶという表現に相応しく島は陸続きでなかったといいます。

参道を振り返ると、瀬戸神社。
 


瀬戸神社は源頼朝が伊豆の三嶋明神を勧請したもの。
鎌倉とは離れたこの地にもあの夫婦の結びつきが。

 

 

この先の六浦湊へ届いた物資は朝夷奈切通を経由して鎌倉へと運ばれた。
六浦の湾は現在の神奈川県道23号原宿六ツ浦線沿いに内陸部まで広がっていた。

 


六ツ浦線沿いの上行寺には『船繋ぎの松跡』がある。
写真の松は樹齢約1千年とか。
碑には 「門前一帯は往古海浜なり
昭和22年に枯死。身替り松植樹すの記。


そしてその横には「船中問答」の碑。
房総から鎌倉を目指す日蓮の足跡。

』が縁の鎌倉との繋がり。

 

ブロトピ:今日の写真日記

ブロトピ:記事 - 日本の風景・伝統

仲間と運営中のFacebookページ
【みんなの“鎌倉への付箋”】もご覧下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福よ来い! 鎌倉えびす 本覚寺

2017年01月10日 | 行事
 1月10日、鎌倉の本覚寺は初えびす。
 
 
 

小町大路まで「商売繁盛~」の声が響きます。
 
 

 
 

福娘さんたちも可愛らしい。


 


 
昨年は売り切れていた『』 のにぎり福を
今年は入手できました。
 


 

 
 

ブロトピ:今日の写真日記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の明るい切通 朝夷奈切通

2017年01月09日 | 寺社・名所史蹟
現在の横浜市金沢区でかつての六浦津と鎌倉を結んだ切通、朝夷奈切通。
 
 
 
横浜側から歩き始めると最初に出会う案内板には横浜市教育委員会文化財課の記。
 
 
 

足に伝わる落ち葉の感触が気持ちイイ。
 
 

この切通は鎌倉七口の中でも最も嶮岨だといわれています。
生い茂る木々も多く、いつもは薄暗い路でもあります。
 
 
 
でも冬は落葉した木々のおかげか随分明るい。

 
 
 
浸み出る水が作る水みちにも光が注がれる。
 
 
 

冬の午後3時、西日がうれしい。
 
 
 
 
鎌倉側にある案内板には鎌倉市教育委員会の文字。

この先は十二所(じゅうにそう)。金沢街道から報国寺へ。
 
 

 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣の後に 森戸海岸

2017年01月07日 | 番外編
 静岡県三島市にある三嶋大社。私の故郷。
正月にはこの三嶋大社に初詣をする。


 
平治の乱で敗れ伊豆に流された源頼朝は、
この三嶋大社を深く信仰し源氏の再興を祈願した。


 
 
頼朝は旗揚げに成功し天下を治めたあと、
三嶋明神の御分霊をこの葉山の地に歓請し、長く謝恩の誠をささげた。


 

実家から横浜の現住地へ戻ってからこの森戸海岸へ来るとやはりココでも参拝する。
ここでの初詣だ。 




日没、富士の方向へ目を向ける。
 
 
 
 
あの峰の向こう側に三嶋大社はある。
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加