異邦人

異邦人は楽しんでます。

『真実の檻』を読んで

2017-03-21 17:16:14 | 日記
『真実の檻』下村敦史著を読みました。乱歩賞作家ということで確かに読み応えのある作品でした。実の父親が祖父母殺人の冤罪で死刑執行されると知ったら時から無実を追求し行動するが事実を知って苦悩する主人公がうまく描写されていました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『夏をなくした少年たち』を... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む