goo

***北信濃 飯山へ***

 晴天に誘われて、久しぶりのドライブに、雪国の小京都飯山、菜の花公園に行ってみたいと思い出かけてみました。

もう遅いかも知れないが もしかしたらまだ見れるかもと中央道中野のインターで 千曲川沿いを走るR117 いいやま道の駅「千曲川」をめざして いいや新幹線の駅も近くに見え 優雅に流れる千曲川と黄色の花が迎えてくれていました。

やったー まだ花が咲いている

いいやま道の駅「千曲川」には季節を通じて、農家の人達が大切に育てた野菜や採れたての山菜、そしてくだもの、キノコなどが格安の料金で販売されております。。今は山菜が盛りだくさん(わらび、アスパラ、タケノコ、りんご)等沢山の新鮮な野菜が格安で販売されていました。

菜の花と 木島平スキー場が見えます。

朧月夜で歌われている景色が、旧豊田村出身の高野辰之作詞の「おぼろ月夜」だそうです。 

 菜の花畠に、 入日 (いりひ )薄(うす) れ、
  見わたす山の 端(は)、霞(かすみ )ふかし。
  春風 (はるかぜ )そよふく、空を見れば、
  夕月 (ゆうづき )かかりて、にほひ淡し。  チョット口づさむ

ここから 北竜湖の菜の花も見ようと寄って見ました。

飯山市の北東に位置し、三方を山に囲まれ、季節ごとに違った景色を見せる神秘的な湖。特に春の桜と菜の花の時期には、湖に写りこむ新緑と花々を撮影するため、大勢の写真家が訪れるビューポイントとして知られている。また、湖の形がハート型をしており、恋愛成就のスポットとしても知られる。

すこし肌寒く感じるこの湖は神秘的な湖です。

菜の花もまだ盛りで新緑と 黄色の菜の花、ブルーの湖と もう言うことありませ

長野県の自然百選の一つでもあり、湖では釣りやボートのほか、周辺を散策して楽しめる。

湖の対岸には七福神も祭られいます時間があればゆっくりと散策もいいと思います。

時々はストレス解消にドライブをお勧めします    

まだ北竜湖の花は見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ***区民総... ***五月な... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。