のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

赤とんぼ

2011年08月29日 | 日記・エッセイ・コラム

 赤とんぼが飛んでいました。♪夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か♪の歌詞で、今まで”追われて”と解釈していたのに、”負われて”だったことに気がつきました。”背負われて眺めていたのはいつの日だっただろうか”と三木露風が言いたかったことを、迂闊な解釈していたことに気がつきました。

 ♪十五でねえやは 嫁に行き♪ この歌詞が現実的でないとかで、文部省唱歌からはずされたと聞いたことがありますが、現行の婚姻に関する法律では女性の婚姻が認められるのは16歳以上です。

 現代日本でも稀に15歳16歳で母親になる女の子がいるようですが、中国など農村部では、14,15で母親になっている女性が案外多かったりします。女は子供を産むための道具。口減らし。嫁は労働力。

 現代日本を基準にしているからおかしな話に聞こえますが、三木露風が「赤とんぼ」を書いた頃にはこういう世相だったんですね。

 赤とんぼの歌詞を思い出しながら、当時の日本がどんな環境だったのか、どんな家庭でどんな事情があって赤とんぼの舞う頃に15歳のおねえさんが嫁に行く光景を眺めていたのか、などと想像すると胸をかきむしられるような思いがします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

士為知己者死

2011年08月28日 | 日記・エッセイ・コラム

 士為知己者死、女為説己者容。「士は己を知る者のために死し、女は己を説ぶ(よろこぶ)物の雨に容(かたち)づくる。」

 「史記」に出て来る言葉です。男は自分を認めてくれるもののために命を投げ出し、女は自分を愛してくれる人のために容姿を整えると言う意味です。

 政治家なんて誰も褒めてくれず批判の対象になるばかりだからロクなものが出てこないのかな?

 とは言え、あまりにも悲惨すぎた菅政権も程なく終わります。頭を取り替えるより総選挙して政権交代すべきですが、日本国憲法の結果の一つで、国民側からは解散させる権限がない。

 失敗したらそれまでだったんですね。この2年間で失った国際的な信用や国益を回復するのに何年かかるか?最終的にツケは国民に回ってくるんですね。

 日本に見切りをつけて国外脱出する企業も多数出ているようですが、国外で粗末にされて泣きついてくるなよ。リスクは自分で背負うものです。

 ヘッドハンティングで引き抜かれて高級とりになったところで、悪銭身につかずというのでしょうか、魚心あれば水心というのか、奢りが身を滅ぼす人も多いおおいようで、技術など日進月歩なので常に向上心を持っていないと新しい技術についていけません。やがて追い抜かれて放り出されるのが実態のようです。

 この何年か中国景気の余波で日本の産業が息を吹き返して来ましたが、技術者の腕と勘に頼るローテクと呼ばれる分野では日本の技術が圧倒していることも大きいようです。中国国内で技術者を育てるよりも、日本に外注した方が安い・早い・うまいの牛丼のような三拍子です。

 地道な研鑽を長い時間積み重ねて造りあげていくような分野では日本のライバルはドイツやスイスで、中国などはタイプが違うのですが、今まで日の当たらなかった分野が注目されてくれる事は嬉しいことです。「まいど!」でおなじみの東大阪の中小工場が「やってられへん!」になれば、地球の上を飛び回る衛星がかたっぱしから落ちてくるほど重要な分野を担っています。

 技術者が「士為知己者死」とならないのは、その技術者を評価する主君(経営者)がいないからでしょう。

 自分を評価してくれる人物と出会えるかどうかは大きく明暗を分けることだと思いますが、興味を持つ姿勢もまた重要なことだと思います。興味を示さない者には何の発展もないものです。

 「女為説己者容」時代的な背景が違うので一概に言えませんが、女性だって男性に「美しい」と認めてもらいたいがためにおしゃれをするのです。中には「おしゃれ」そのものが目的になって本筋を見失う者もおりましょうが、目標がずれていれば当然誰にも良い評価などしてもらえない悪循環でしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心乱れて

2011年08月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 「恋」の旧字体は「戀」と書き、「心」の上は糸と言葉が絡み合う「乱れる」と言う意味です。「心が乱れて恋になる」と中学のときに先生が教えてくださりました。かく申された先生は心が乱れることなかったようで、生涯独身です。

 「愛」と「恋」の違いは、なにものかに心奪われ愚かしくも自らを見失う魔性に魅入られる人のサガで、心乱れぬ境地に達したお釈迦様やキリスト様には「愛はあっても恋はない」ようです。

 波風立たぬ「愛」と異なり「恋」は暗中模索の闇の波間に突き落とされるのですから、穏やかであろうはずがありません。どちらかと言うと自らが自らの心を傷つけて自滅行為に走っているものですが、これほど人として愚かしく尊いものはないでしょう。尊さは何も高い台座の上にあるばかりではなく、素朴なところにこそ多く存在しているもので、わが子のために他人の目も顧みず身をすり減らす母親の情など、愚かしくもありますが、尊いものです。

 たった一人の小娘の前に大の男がなんて脆いのだと、自分の弱さを発見できるのも「恋」のなせる業で、決して恥ずかしいことではありませんし、こうした感情があまりに薄っぺらになった昨今を思えば、これは尊いものだと思います。

 おじさんのやっかみと聞き流してもらえば幸いですが、昨今、繁華街に集まる日本の若者の恋愛遊戯など眺めていると、「道徳」は乱れているけれど、「心」は乱れていません。しっかり下半身の一点に心は定まっています。「恋」ではなく「発情」に近いものがあると思います。

 しかるに、「恋」と「発情」の違いは「倫理による抑制」と「性の衝動」の葛藤があるかないかの違いかもしれませんが、ここがヒトと人間の分かれ目のような気もします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

担保

2011年08月26日 | 日記・エッセイ・コラム

 そういえば、震災時の東電の副社長は退任後4ヶ月で天下りした官僚だったと記憶していますが、こういう人たちって何かしら担保に役員に就任しているのだろうか?通常の企業なら、役員ともなれば個人資産など担保就任するもんですが、何かしらの問題があったときにはそれが差し押さえられることでガバナンスとなっているんですね。

 昔、私の村の農協が経営破たんしたとき、大地主の農家などが農地を担保に理事に担ぎ上げられ、当然ごとく農地を差し押さえられ、借金返済のために農業を営んでるようなもんでした。

 責任とはこういうものだと子供心に思ったものですが、何も担保になるものがなければ怖くない。持たざるものこそ強いなんて風潮が世に蔓延して今に至っています。

 できれば「責任」なんて厄介なものを背負い込みたくはありませんが、今後国民にも問われることになるんでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増水

2011年08月25日 | 日記・エッセイ・コラム

 梅雨明け以降、雨が降らない日はないほど、降水に恵まれた夏です。雨が降れば水不足も起きませんし、気温も抑えられるので節電にも貢献しているはずですが、湿気が多くて過ごしにくいことにはかわりがありません。

 高温多湿な日本の気候は文明の進化と砂漠化の問題も解決していますが、こうも雨が多いと山の保水力も限界に来ているようです。雨が降るとすぐに川が増水するので、森林の地下に水が飽和状態になっているのでしょう。これで台風が来れば土砂崩れが起きるかもしれないと気になっています。

 関東南部というより、東京に一極集中型の大雨が降り、床下浸水などもあったようです。

 もともと表土をコンクリートで固めて地下に水が浸透しない都市構造ですから、雨が降ればすぐに排水路に集中してしまうため、増水がおきやすい構造ですが、東京の地下には大規模な貯水池があります。こうした大雨の吐息の緊急的な貯水池と言うことになっていますが、有事の際の地下シェルターの意味もあるんでしょうね。

 昭和の末期、63年だったかな?石原裕次郎が亡くなった晩でしたが、東京は大雨でした。地下の居酒屋で友人たちと生ビールを飲んでいたら、店の入り口から雨水が入り込んできました。

 当然、ビルの地下のそのまた地下には水を排水するポンプが備え付けてあるので、こうした大水の時にも問題がないはずですが、ポンプが故障したのか水を吸い上げないために排水できなかったのでしょう。

 それにしても何故外の水が?と後に検証したら、店の入り口近くの歩道で工事をしており、このときの機材などに水がぶち当たって、居酒屋のある地下に下りる階段に流れ込んできたようです。

 最初は店の中に水が流れ込んできたぞと、悠長に眺めながら喋っていましたが。次第に水が店内にたまってきて、くるぶし近くまでたまってきました。ここで気の小さな人たちは会計を済ませて退散していました。

 われわれは注文してあった川えびのから揚げと、焼き鳥がまだ来ていなかったこともあり、靴を脱いで、座椅子の上であぐらをかきながら粘っていました。

 店側がいよいよダメだと判断したのか、御代はいりませんからお帰りくださいということになり、ズボンのすそをめくり上げて退散しました。

 後日、このときの仲間達とお見舞いを持ってこの居酒屋を訪ねたら、ひざの少し上辺りまで水がたまったようで、店の中にそのあとが残っていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火のないところに煙は立つか?

2011年08月24日 | 日記・エッセイ・コラム

 前回の衆議院選挙では私の住む地区の群馬県一区も政権交代の波を受けました。財務大臣を歴任した自民党候補者が破れ、新聞記者上がりの宮崎タケシという民主党の議員が出てしまったわけですが、これも時代の流れなのかな?と残念に思っていました。

 メディアにも衆議院ほとんど名前が出てこない議員で、今までの自民党議員だったら「何か要望はございませんか?」と秘書が御用聞きに来ていたけど、今度はまったく音沙汰なし。仕事しているのか?と存在感がまったくない議員でした。

 23日の産経新聞で、公設秘書に「市民の党」から派遣された人材を雇っていたことが報道されていました。仕事はしないけどこうしたことには名前がでる。たいしたもんです。ちなみに「市民の党」がらみの公設秘書は川口秀輔と言う人だそうです。この公設秘書経由で宮崎事務所から100万円を超える献金が「市民の党」に流れているようです。

 ねずみを一匹見かけたらの論理ではありませんが、疑惑の献金問題のみならず北朝鮮拉致加害者側の「市民の党」から公設秘書派遣は他の議員にも可能性がある問題です。

 なぜか「市民の党」がらみのニュースは大手メディアが報道しませんが、今後の大きな争点になること間違いないでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一難去って

2011年08月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 リビアの反政府運動はNATOが支援していると言う話ですが、テレビ映像で見る限り反政府運動の連中が肩に担いでいる銃はカラシニコフAK47。何でNATOが支援しているのにロシア物の銃を使っているのだろう?カダフィーを追い出したあとのリビアの石油利権を巡って各国が争っているわけですが、武器を見る限り全然別のバックアップがある連中が暴れているのでは?

 それにしても、民主化を求める市民がカダフィーの公邸を占拠した映像など、「あのやろうこんな贅沢をしやがって!」建物の中からカダフィーの財産を持ち出していましたが、これって略奪?国の正規軍がこれをやったら国際法でヤバイと思うのだけど、まぁ、あの国ですからそんな法律か関わっていませんな。便衣服の市民ゲリラによる占拠ですから、国際法なんて関係ないですわな。

 テロ支援国家へのテロは認めるの?なんていうと、カダフィーを支持しているのか?なんて疑われそうだけど、別に支持はしていません。こうした理不尽も面白いかな?と突っ込んでみただけです。

 重要なのは独裁者が去ったあと混乱はつき物で、あのヨーロッパだって東西冷戦終結後に経験しています。中東の場合、独裁者が去ってまた次の独裁者が現れるような気もしますが、その背後には欧米プラス中の石油利権がうごめいていることでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だめもと

2011年08月22日 | 日記・エッセイ・コラム

 ダメでもともと。言葉では理解していてもなかなか踏み切れないものです。

 役所勤めをしていた頃、「常に断るための理由を3つ以上言えるよう心がけろ」!と教えられました。できる理由ではなくできない理由を考える。それはできませんとお断りして、どうすれば面白くなるか不真面目なことばかり考えていましたからあの業界にはふさわしい人材ではなかったようです。

 失敗一発ですべておしまいと言うわけでもないのでしょうが、できない理由を考えるのは自分の身を守るためで、それが処世術の一つだったんでしょうが、何もしなければ見放されるのが世界の常識。お役所思考では成り立ちません。

 増水した川で橋が流されそうだから渡るのどうしようかな?と思案しているうちに前も後ろも橋が流されて、川の流れが地面を削り取るように迫ってきている日本の状況。あの時、思い切ってわたっておけばと後悔しても、後悔役に立たずで毎度同じことを繰り返している。もはやヘリコプターが上空から助けてくれることもないようなありさま。

 それにしても、新しい日本の顔の候補者の顔ぶれ、ダメもとどころか元からダメな印象が深く、あと2年もこいつらが居残るのか?と思うと、地方議会のようにリコールできない国政の憲法の欠陥が浮き彫りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬と鹿

2011年08月21日 | 日記・エッセイ・コラム

 リビアがまた騒動になっているようです。カダフィー一派の弾圧から国外に逃げていた人たちが、この騒動に加担すべく戻ってきて、カダフィーの息子が捕らえられたようです。当のカダフィー当人はどこかに姿をくらましているようですが。

 革命家なんてのはその目的が達成されるまでがかっこよいのであって、上に居座れば結局も前とかわらぬわが身可愛さに浸ってしまうようです。破壊するのと構築するのは異なる能力なんですから、革命が成し遂げられたら「私の役割はここまでです。」と身を引いて、新しい世代に舵取りを任せ「お前ら身勝手なことしたら許さへんでぇ。」と背後で監視していればボロを出さずにまっとうできる。

 毛沢東だレーニン、スターリンなんで大御所には足元にも及ばないどこぞの国の政党も、代表戦が終わったら「国民新党でも自民党でも立ち上がれ日本でもかまいませんから、総理はお任せします。」と身を引けばなんだかんだ行ってもあれだけ議席を持っている政党ですから、影響力を残しながらイメージ回復できるはず。

 それにしても、代表戦に名乗りを上げているのが馬渕とか鹿野って、馬鹿にしてるのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛肉

2011年08月20日 | 日記・エッセイ・コラム

 稲ワラの放射線問題でスーパーで国産牛を見ることが少なくなりました。それどころか、牛肉そのものが売れなくなっているとか。

 近所の知人がニュージーランド産の牛肉の特売をやっていたので、買ってきて食べてみたら、意外にもうまかった。ニュージーランドだって日本向けに飼育の研究をした牛を生産しているのでしょうが、「まさか、販売できなくなった国産牛を輸入牛肉と偽って売っているのでは?」と疑ってしまったそうです。

 それなら放射線物質を浴びているのでは?と気になるところですが、「俺が食べてみたところ、放射能はなかった。」なんで食べたくらいで放射線被爆量などわかるのか?そちらのほうが疑問ですが、「食ってみりゃわかる!」

 いまさら内部被爆したところで影響のない年齢なんですから、売れなくなった国産牛でも安く提供してやれば喜ぶ人種です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶番

2011年08月19日 | 日記・エッセイ・コラム

 福島県の被災地の子供達と、政府役人の討論がニュースで放送されていました。面白いことをやっているなと興味深く見ました。子供の突っ込みに答えられない政府役人ばかりが強調されていましたが、私の気に触ったのは別の部分でした。

 中学生だと思いますが、テーブルに両肘をついたまま偉そうに上から目線で役人に質問を投げつけていました。討論後のインタビューで「何の決定権がない人にここに出てきてもらっても・・・」との意味合いの言葉を吐き捨てていました。

 大体どこの学校でもこうした弁が立つ女の子がいるものですが、あの態度で、どんな家庭で育ったのか?学校ではどんな立場の子供なのか?およそ想像がつきましたし、転じて、子供の被爆などもうどうでもいいやと思えるほどあきれてしまいました。

 「幼長の序」発言で大臣を追われた松本龍議員がまともに思えてしまうほど下品でした。

 被害者であれ、加害者であれ公の場で質疑応答するなら、それなりの礼儀や態度があると思いますが、仕分けパフォーマンスの蓮舫議員のまねをしているつもりなんだろうか?無能で弱いから肩肘張って粋がっているだけなのに。

 意味のない茶番劇で被災者に対する印象を悪くするような討論でしたが、子供をダシに自分の不満を紛らわすのもいいかげんにしませんか?

 会場の傍観者の様子も写っていましたが、山本何とかと言う俳優が帽子をかぶったまま立っていました。髪の毛での薄くなったんだろうか?こうした場では脱帽がマナーだと思うのですが、原発反対派の人たちって帽子が好きですね。何かやましいことからわが身を隠すように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れ

2011年08月18日 | 日記・エッセイ・コラム

 こちらでは揺れを感じることは少ないものの、茨城あたりが震源の地震が多くなっています。

 大きくずれたプレートが少しずつゆがみを直しているのですから、震災後の揺れはつき物ですが、ほんのさじ加減で地上の人間様は大きな被害を受けるのですからたまったものではありません。

 東京に住んでいた昭和61年の11月、三原山の噴火がありました。その後1年ほどはほぼ毎晩のように揺れを感じました。自身と呼べるほどではないにしても、寝ていて揺れているのが感じられ、たぶん、震度にすれば1程度だったんでしょうが、眠っていても「ん?揺れてるな」と感じるようになりました。

 平成になり、こちらに戻ってきてからも寝ていると何かしら揺れているような感覚が残っていました。と、言うより、揺れがないと「大きな地震が来るのでは?」と不安になりました。地震の現れですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリの中国人

2011年08月17日 | 日記・エッセイ・コラム

 90年代中ごろ、北京に留学していた弟が大学の夏休みを利用してフランスのパリに短期留学したことがあります。

 北京から飛行機でパリ(ドゴール空港だと思う)に到着するや否や白衣を着た職員が乗りこんできて、殺虫剤なのか消毒液かは定かではないが客室のいたるところに蒔きはじめ、その消毒作業が終了してからようやく飛行機から出ることができたそうです。

 いくらなんでもそこまでやるか?と腹立たしい思いがしたそうですが、検疫は国防のためにも重要な仕事です。フランスなど特に外国に対して厳しい国なので、侮辱とも思えるような行為をいとわないでしょう。

 フランスに韓国経由でSARSが入り込んだことはハルビンでも報道されたようで、中国からすれば「それ見たことか」と言いたい反面、サミットへの招待の一件もありますから叩くこともできないでしょう。

 その頃は北京の生活になじんでいたためにすっかり服装も中国人になっていたようです。中国からのの飛行機で来たものですから、入国手続きのとき日本のパスポートを出したらこれでもかというほど入念に調べられたそうです。あまり時間がかかるので、日本の自動車免許証を見せても、ローマ字+ウムシュタウトぐらいしか文字を持たない人々ですから日本語も中国語も同じに見えるようです。

 せっかくだからパリの生活も体験したいと、中国の大学を通じてパリのアパートを借りたら、これが歴史物のアパートで、悪く言えば古くて快適とは言いがたいジメジメしたボロアパート。中国経由で入ってきたからその汚さにも耐えられたようですが、日本から直接行っていたら病気になりそうな薄暗い汚い部屋だったそうです。飛行機の消毒に精を出す前に、ペストの大流行の頃には多数の犠牲者を出したような幽霊アパートの消毒もしたらどうかと言っておりました。

 住んでいるのも妖しげなアラブ人やトルコ人、そしてどう言う経緯で住んでいるのかわからない中国人。4日ほど滞在して別のアパートに移ったそうですが、このときわかったのは前のアパートの家賃の半分以上は中間搾取されてどこかに消えていたようで、大学など通さないで直接現地に来て探したほうがよかったそうです。

 ヨーロッパの歴史など中国から比べれば丸が一桁違うほど浅いものですが、変貌のスピードが速いので中身が詰まっています。大航海時代から外に目を向け始めたヨーロッパと、蛮族の異国を見ようとしなかった中国のパワーシフトが起こりますが、かつてはチャイナ・ドリームとまで呼ばれた国。

 面白いことにそのボロアパートにたむろしていたアラブ人もトルコ人も中国人もかつては世界(ヨーロッパ)に名をはせた列強の末裔です。

 周恩来も鄧小平もパリ留学経験者ですが、鄧小平など、留学というよりは出稼ぎに近いほど底辺の労働者でした。周恩来がパリに留学していたことは多くの中国人も知っていますが、その前に東京に留学生としてきていたことは中国でも意外と知られていません。東京の文京区には周恩来が住んでいた下宿の跡地に碑があるのに、フランスには何も痕跡がないそうです。

 この時代にはベトナムなどフランスの植民地でしたし、中国人も労働者(中には奴隷同然の人々もいた)として世界各地に出ていました。留学生という身分で来られるものと、労働者として来ている者の間には大きな身分の隔たりがありましたが、こうした枠組みを超えて地下組織では新しい社会の建設に意欲を持った中国人達が、革命に成功したソビエトをモチーフに勉強を重ねていました。

 当時のアジアは西洋列強に蹂躙されていて、中国なども国家の体をなさぬほど骨抜きになっていたので、おおよそ愛国心などもてるような状態ではなかったでしょうが、声高々に「愛国心」を叫び国の威光を笠に着ながらも今回のSARSのような事態になると他人事のように冷ややかになる、外国在住の現代中国人よりは骨のある人々がいたんですね。

 中国の共産主義革命の発祥はパリから生まれたと言っても過言ではないでしょうが、後に毛沢東が頂点に立つとパリ組みの弾圧が始まります。鄧小平は失脚し地方に追いやられ、周恩来は幾度となく失脚の危機を逃れながら文化大革命の終結まで生き残ります。

 近代民主主義のさきがけになったフランス革命にしても、中国の幾多の易姓革命にしても、統治者が民衆の犠牲の上に成り立つ限界点を超えると起こるものです。

 限界点に達している日本人です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市民

2011年08月16日 | 日記・エッセイ・コラム

 京都の大文字の送り火に津波でかれた岩手県の松の木を使う「支援」が行われたものの、「市民団体」に指摘され、薪に使う松の木から放射性物質が出たために使用を中止。親切があだになったような心地よくない話題です。

 こういう事件に暗躍する「市民」ってなんだろう?前々から「市民」と名乗る無責任なくくり方には違和感を感じていましたが、こういう人たちって「市民」ではあっても「国民」ではないんですね。中には、「どこの国の市民?」と聞きたくなるような人たちもいます。

 合併前、私たちは行政上「村民」と呼ばれる数少ない日本国民でしたが、合併して町に区分されるようになると「町民」になってしまいました。「町民」と言うのもなんだかありきたりで、時代劇なら脇役どころかエキストラ。少数派の「村民」のほうが存在感があったななんて思っています。

 町民になってしまったものの、市民でないだけまだ幸せかな?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆

2011年08月15日 | 日記・エッセイ・コラム

 毎年のことですが、お盆休みのピークです。私が幼少の頃は旧暦でお盆を催していたため、年によっては9月になることもありました。お盆の頃には朝、布団から外に出るときに寒さを感じる季節になっていたものです。

 8月半ばにお盆と言うのが定説になって30年もたつのでしょうか?お盆=とんでもない暑い季節と言う認識になっています。

 そろそろ涼しい季節に向かっているはずですが、この夏は毎日雨が降るような湿気が多い夏。水不足の心配こそありませんが、蒸し暑さにはうんざりしています。

 秋雨前線が南下する速度が速いみたいですから、8月半ばを過ぎれば涼しくなって早めの秋になりのかな?と期待しています。昨年は、ここから9月半ばまでの暑さが猛烈でしたが、今年は少しは快適に過ごせるのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加