のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

新聞によりますとぉ~

2017年06月30日 | 日記・エッセイ・コラム

 なんたらフライデーとやらで午後3時以降は仕事をしないのが模範的国民らしいから、朝5時から山仕事を初めて3時には引き上げてきました。おかげで夕方までもう一仕事できました。なんて過酷な金曜日なんだろう?明日は雨みたいですし、とりあえずコマを進められてよかった。

 「朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか: 中国人ですら韓民族に関わりたくない本当の理由」というとてつもなく長い題名の本を予約注文しておいたので書店に受け取りに行ってきました。

 書店から電話があった時に、どれが題名なのかわからなかったようで「朝鮮半島の地獄の本が届きました。」なんだかとても的を得ている言葉。

 晴耕雨読で雨が降った時に読もうと思っています。

 亭主に浮気された国会議員が、子供を保育園に送って行くのに公用車を使ったの使わないので問題になっているようですが、子供の保育園がある議員会館に事務所もある。そこに出勤するついでに子供を乗せて行ったのだそうです。

 まぁ、褒められたことじゃないけれど、自分で歩いて子供を保育園に送って行って戻ってきて、公用車で会館入りするってのが正しいのだろうか?もし同じことを野党議員がやって叩かれようものなら、少子化の原因になるとか、育児の妨害だとか逆方向に大問題になるんでしょうね。

 何だろう?このところ女性議員叩きに方向が変わったようですね。同じことを野党にすれば「女性差別」って騒ぐんでしょうね。

 世界を見渡せば、クネちゃんは論外だけど、メルケルさんも英国のメイさんも風向きがよろしくなさそう。

 首相とまではいかなくても大臣、政務官ともなれば心身ともに苛酷なんでしょうね。稲田防衛大臣なんかこの数カ月ですっかり老け込んでしまった。小池都知事だって目が死んできている。民主党時代だって女性閣僚は視点が合わなくなっていた。やはりここら辺が限界なんでしょうね。

 大臣やりながら目がらんらんとしているおっさんと言うのもろくなもんじゃない。サイコパス並みに自己中心的な人が生き生きできる世界。やはり尋常ではありませんわ。

 チャッチャラッチャチャッチャー「新聞によりますと~」

 1970年代後半に「テレビ三面記事 ウィークエンダー」と言う報道番組がありました。土曜の夜の放送だったと記憶していますが、クィンシー・ジョーンズの「鬼刑部アイアンサイド」のテーマソングで、その週に起きた事件を報道して、タレントが解説する番組で、泉ピン子などこの番組から出てきました。

 特に人気があったのは事件の再現ドラマで、お色気たっぷりだったので中高生が社会に関心を持つとても良い報道番組でした。

 車の中から「死ぬ~」「死ぬ~」とうめき声が聞こえて通報を受けた警官が駆けつけてみるとカーセックスの最中で公然わいせつ罪でお縄になったとか、そんな事件ばかり取り扱っていたのですが、翌週、学校で話題になる事件ばかりでした。

 「新聞によりますと~」の言葉にあるように、あの時代はまだ新聞が力を持っていたんですね。同時に「三面記事」なんて取るに足らないヨタ話と一線を引いてましたが、昨今は人を引きずり下ろす道具に使われるんですね。

 11PMだったかな、各新聞社の討論みたいな企画があり、大橋巨泉が「好奇心の目を持ったマスコミは大いに結構だが、マスコミの顔をした好奇心では信頼がなくなる」と閉めたのを覚えています。

 新聞の販売数が激減し、テレビもスポンサーがつかない。

 何が原因なのか?そろそろ気が付いてもよさそうなもんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズレてきたのかな? | トップ | アキハバラなんだろうか?ア... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピンクの豹 (プールの人)
2017-07-01 13:38:15
代議士と秘書の
どちらもポンコツだと
ああなっちゃうのかな?

あの「録音」を聞いて
クルーゾー警部と使用人ケイトーのコントを思い出しました。

「クルーゾーとケイトー」は
面白くてチャーミングなのに
なんで
「豊田と秘書」は
あんなに殺伐とするのかな?

ポンコツなりに
「寛容」や「善良」や「可愛らしさ」がないと
お隣の半島みたいに
頭に「ヘル」が付いちゃうんだなぁ~~~
雨の日は読書です。 (雨で仕事にならない人)
2017-07-01 15:38:18
 クルーゾー警部はなんだかんだ言っても事件を解決していますしね。
 ボケっぷりは議員も同じか。

 どう見てもケイトの方が空手の師匠に見えますが、あれ、香港人かな?

 ボケっぷりと言えば前川元事務次官。一瞬画面に映った時に「おぎやはぎ?」「見栄晴?」と思ってしまった。
 お笑いの顔になりつつありますね。

 仁を持って徳となす。仁の起こりは惻隠の情や忖度なんだけど、それを「悪」と決めつけると、無駄な主張を繰り広げるヘルな人たちの同じなんですけどね。

 明日は日曜日、虫取り網を持って男鹿半島でミサイル狩りができそうですね。雨かもしれないけど。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。